通訳ガイド試験について。

通訳案内士
10 /27 2013
今日は通訳ガイド試験について書こうと思います。

この試験の概要についてはこちらへ。

通訳案内士試験概要


私がこの試験を始めて受けたのは2006年でした。
2005年の冬ごろから試験勉強を始めました。

一次試験が、英語・地理・歴史・一般常識の4教科。
短期間で絶対に合格したいという事で、こちらの学校のCDコースを受講しました。


富士通訳アカデミー


当時、あまり情報もなく、佐世保の田舎の方に住んでいたので
この通信コースだけを信じて勉強していました。
けっこうな大金だったので、絶対モト取ってやる!!と
必死で勉強していたと思います。


英語に関しては、
内容をほとんど忘れたので(笑)ネットで情報を確認してみました。
6割が、英文読解問題、2割が英作文問題、残りの2割が時事単語問題です。
どれもマークシートではなく、記述式であるのが特徴です。
読解問題は、新聞・雑誌などのレベルの時事問題です。
私が通信を受けていた学校のホームページに詳しく書いてありますので
一度見てみてください。
傾向と対策


地理は、国立・国定公園や景勝地などを中心に
観光に役立つ内容が出題されていましたので
とりあえず、日本地図に覚えたい事項をどんどん書き込み
それを暗記する。を繰り返しやっていたと思います。

歴史もとりあえず暗記。
詳説日本史B詳説日本史B
(2007)
石井 進、五味 文彦 他

商品詳細を見る


この教科書の重要事項をひたすら暗記です。
過去問から出題の傾向をつかみ、その部分を繰り返し覚える事が重要です。

過去問も今は販売されているのですね。ってか当時も販売されていたのか?!
英検などのメジャーな試験とは違い、対策本はかなり限られていると思いますが
傾向をつかんで自分で対策することは可能な試験だと思います。

当時、子どももいないし、仕事もしていないし。。。で
時間が沢山ありました。ですので、かなりの時間を勉強にあてることが出来たと思います。

一発合格してやるぜ!!と挑んだ2006年度の夏。

一次試験結果。一般常識のみ不合格。。。

これは私が一番心配していた結果でした。
今でもそうですが、私はかなりの世間知らずだと思います(恥)
一般常識が抜けおちていることが多々あり、
外でそれ言わんときや。アホと思われるから。と
よく母から言われたり。

まさに自分の不安が的中。
勉強ではカバー出来ない自分の弱点が足を引っ張りました。
これはあかん。来年合格できひんかったら、また一から受験しなあかんやん。。。
という危機感のもと、私はひたすら一般常識をつけるべく
その日から新聞を隅から隅まで読むようになりました。
来年の試験までは、色んな事に興味を持ち、分からなかったら調べる。を
繰り返しやっていたと思います。

こんなものを読んでみたり。

現代用語の基礎知識 2013現代用語の基礎知識 2013
(2012/11/15)
「現代用語の基礎知識」編集部

商品詳細を見る


とりあえず、当たり前の大人が持っているべき知識・常識をたたき込みました。

社会の仕組みや国際情勢など、新聞から得る知識はとても多かったです。
ここでちゃんと新聞を読むという習慣をつけられた事は、
私にとって大きな収穫だったと思います。

私自身、読書は好きな方で学生時代からも本はよく読んでいましたが
フィクションばかり読んでいたせいか、残念ながら常識的な知識は
ついていなかったようです。

2007年度の受験に向けて、一般常識の勉強とともに
二次試験の対策の勉強もしていました。
それはまた次回の記事で書こうと思います。
スポンサーサイト

最近のあれこれ。

英語学習
10 /20 2013


先週は怒涛の一週間でした。
この週末でやっと体力・気力ともに復活しました☆


13日に子供たちの運動会が無事終わり、その次の日に娘が入院。
怪我ではないのですが、右親指が曲がったまま伸びないという「ばね指」を
治す手術でした。
大人の場合は、部分麻酔で15分くらいで終わる簡単な手術ですが
子どもなので、全身麻酔になり2泊3日の入院となりました。
子どもの病気や入院は、精神的な疲れがすごいですね。。。
運動会の応援で駆けつけてくれた母が、下の子の面倒を見てくれたので
助かりました。
夫が一泊目、私が二泊目に、娘に付き添い病院に泊まりました。
二人で分担したので、体力的にも精神的にもかなり救われました。

みんなの協力のおかげで、手術も無事終わり
娘も不安定になる事なく、元気いっぱいで毎日過ごしています。
来週からやっと幼稚園に行ける♪と楽しみにしています。

私もやっと通常生活に戻れる♪とほっとしています。
先週、英語をしている余裕も時間もなかったので
かなり英語に飢えている状態。。。
こないだも、母が帰った次の日にどっと疲れが出て
夜も早くに横になったのですが
疲れすぎて神経が高ぶっているのか全然眠れない。
その後、頭の中に色んな英単語がずっとぐるぐる
回るという悪夢にうなされました(汗
悪夢と言えば、未だにキョンシーに追いかけられる夢を
見るのですが、今回は英単語。なぞ。


明日から通常営業に戻るので、また勉強を再開したいと思います。
最近続けていたウォーキングも頑張るぞ。
ウォーキングをしている間は、イヤホンをつけて
シャドーイングをしています。
歩いている時間を有効利用して一石二鳥☆

1か月続けてきたシャドーイング素材ですが、
そろそろ違う素材に変えようと思っています。
ほぼ内容も暗記出来てきて、スムーズに口から出るようになってきました。
このスピーチに1か月取り組んできて気づいたこと。

①無生物主語が多い。
②使役動詞 make, get, haveを多用している。
③一部を除くとシンプルな語彙ばかり。

という事です。①②に関しては、私が一番苦手とするところです。
英語らしい表現といいますか。日本語にはないですよね。
こういう表現をサラっと使えるようになりたい。

先日久しぶりにライティングをしてみたのですが
この1か月同じ素材を繰り返しシャドウイングしたせいか、
この素材の中に出てきた言い回しや、単語がポっと頭に浮かんでくる
という体験を何回もしました。
これは直近に使った(口から出した)記憶している単語を
必要な時に取り出しやすくなったという事でしょうか。

また別の素材で1か月取り組んでみたいと思います。

思いついた事を徒然なるままに書いてみました。
ではまた~。

ウェブ講座、楽しいです。

英語学習
10 /09 2013


前回お話したサイマルアカデミーのウェブ講座。
基礎からはじめる通訳トレーニング
全部で10回の講座になっています。
今3回目まで終わりました。


第一回目 英 → 日 Comprehension

第二回目 英 → 日 Note-taking

第三回目 英 → 日 Delivery(1)


をやりました。

どの回も英語を聞いて、それを理解し、日本語で言う。
という流れなのですが、この練習をしているときに
いかに自分が情報を聞きもらいしているかを痛感します。


内容を分かったつもりでも、その直後にリプロダクション(内容を再現すること)
をすると、口から文章が出てこない。。。
それをまた日本語で言い換えるとなると
アンタ、それは内容はしょりすぎやで。という散々たる結果になります。
これ、通信で良かった。通学なら、みんなの前でさらし者です。
たぶんそのプレッシャーで、皆さん一生懸命勉強されると思うのですが
通信だと気楽なもんです。はは。

それでも、自分の声は必ず録音して聞いているので
聞くたびに、なんだこの意味不明な日本語。やら、
前置詞抜けてるし!文法おかしいやん、自分!と
自分の英語の間違いにも気づかされます。

この3回のレッスンで痛感したのは、
リスニングを正確に聞き取る能力が足りない。
という事です。
完璧にリスニングは聞き取れているという前提で
レッスン内容が考えられているので
今何て言った?この単語聞き取れない。なんて
想定外だと思われます。

前回のレッスンでは、apparel industry のapparel
が聞き取れなくて、自分にガッカリ(汗)
リスニングの精度を上げていくぞ!と決意しました。


この講座を通して、自分の英語に対する「気づき」
を増やしていこうと思っています。

レベルアップを目指して。

英語学習
10 /04 2013


気づけば10月に入っていました。
ほんとに毎日があっという間に過ぎていきますね。

前回の記事で、sight word readers のボックスには50冊の絵本が入っていると
書きましたが、25冊の間違いです。訂正しておきます。

今日は、私が今受講している通信講座について書こうと思います。
講師のお仕事を辞めてから、英語を勉強するモチベーションが下がりました。
このままではどんどん英語力も下がっていきます。
もともと家にいることが好きなので、退屈するということはないのですが。
パンやお菓子を作ったり、子供のアルバム作りをしたり。。。
とやりたい事は沢山あります。
ですが、それだけでは物足りないんですよね。
私の毎日は NO ENGLISH NO LIFE なので(笑)

子ども英語も、自分がハマれば面白いと思いますが、
私の場合、一生懸命になりすぎて、過度な期待をしてしまい
子どもに勉強を押し付けるタイプだと思います。(自己分析)
それでは、子供が英語嫌いになる可能性もあります。
子どものやる気に左右されるので
親がよっぽど我慢強くないと、全力で取り組めないなーと思います。


そして、それに没頭すると自分の英語力も下がるだろうなと
思っていたので、自分の勉強と子供との英語時間をバランスよく
取るために、通信講座を始めることにしました。

それがこちら。

基礎からはじめる通訳トレーニング

英検1級に合格しても、まだまだ足りない、もっと分かるようになりたい。
話せるようになりたい。といつも思っています。
けれども、その道筋が分からない。英検などの試験が目標であれば
合格するためのプランは自分で立てることが出来るのですが
直近の目標がないために、その道筋さえ見つけることが出来ませんでした。
そこで頭に浮かんだのが、通訳。
今年の6月に、簡単な商談通訳のお仕事をさせていただきました。
その時に、もっとスムーズに日本語→英語 英語→日本語 にするには
どういう練習が必要なのかな。と考えるようになりました。

これは通訳になりたい。という明確な目標ではなく
(というのも、この講座を受け始めてから、
こりゃ、相当な覚悟と努力が必要だな。。。と痛感しました。)
上達のためのメソッドを学ぶというスタンスで受講しています。

通信講座ですので、自分のペースで勉強することが出来、
期間中であれば、何回も動画を見ることが出来ます。
また添削も2回ついているので、自分の実力を客観的に見てもらえる
機会もあります。

内容や感想など、また随時アップしていきたいと思います。

いんこ

2008年通訳案内士、2012年英検1級、2013年TOEIC980を取得。6歳・4歳の子供たちの育児をしながら、英語学習をコツコツ続けています。