語学留学を通して。その3 (インターンシップ編)

自己紹介
02 /21 2014

今週はあっという間の一週間でした。
色んな雑務に追われていた感じ。

今年は、幼稚園でクラス委員とバドミントン同好会の役員をやっています。
その上、社宅の会計の役も回ってきたので(くじ引きで当たってしまった。。。)
小さい仕事が同時期に集まり、書類を作って印刷したり、配ったり、と
している間に一週間が終わってしまいました。

昨日・今日と、洋書読み以外は何も出来ませんでした。
まぁ、こんな日もあるかな。



という事で、今日は語学留学最終回!(ってそこまで盛り上がってないですが)

語学学校に行ったあと、インターンシッププログラムに参加しました。
これは語学学校がインターンシップ会社と提携していたプログラムで
どんな業種を希望するかなどのちょっとしたカウンセリングを受けて
その希望に沿って、インターン先を探してもらいます。


どんな業種でやりたいか。というところですごく悩みました。
私が働いていた会社は金融業界でしたが、
帰国後は全く違う業種で働きたいと思っていました。
が。。。ここでも自分のやりたい業種がよく分からず(汗

英語を使った仕事がしたい。←新卒の大学生が言うセリフですよね。
3年社会人をしても全然成長していない自分。
まわりからは、英語を使って「何を」したいのか。
英語は手段でしかない。それとは別の目的がないとダメ。
と言われてきましたが、たかがOLを3年した自分に
何ができるのか。何がしたいのか。と言われても
未だ分からない状態でした。

それでも、ない脳みそを絞って帰国後少しでも役に立つような
業種に行きたいと思い、物流業界を希望しました。
当時、通関士の勉強もしてみたいなと思っていたので、
物流でインターン先を探してもらいました。


その希望に沿って決まったのが、
ヒースロー空港近くの国際宅配会社。英語ではcourierという業務になります。
書類や荷物を配達する会社です。海外からの荷物もありますし、
それを国内に運んだり、また別の国へ配達する手配もしているようでした。

実際に行ってみると、家族経営の小さな会社でした。
30代後半と思われる社長、その義弟・お父さんの3人で
やっていて、従業員は3~4人というアットホームな経営です。

初日は本当に緊張して、駅から降りてすぐなのですが
何回も家に帰ろうと思いました(笑)
ネィティブばかりの環境に、何も知らない小娘が一人で
乗り込んでいくわけですから、心臓がバクバクして死にそうでした。

が、蓋をあけてみると、2日目からの方が気が重かったのです。。。
というのは、初日にネィティブの言葉のシャワーを浴びまくり
そして何を言っているのかサッパリ分からない。
簡単な指示さえも理解できない。
職場は、パキスタン人の事務の女性以外が全員男性で
なんかこわい。。。

最初の1週間は、毎朝足が重く、もう嫌だ。帰りたい。(日本に)
と何回も思いました。
仕事が出来ない事はもちろん、言葉が分からないことに
情けなくなり、毎晩泣いていました。

一番恐ろしかったのが(おおげさですが、ほんとに恐ろしいんです!)
電話に出ることです。
私が言う事はこれだけ。

「This is special express(社名)How can I help you?]

で、向こうが名乗りますよね?

その名前が聞き取れない!! 何が難しいって、名前なんです。


知らない言葉は聞き取れない。と言いますが、外国人の名前ってそんな沢山聞いたこと
ないですよね?私はないです。教科書に出てくるKen とか Nancy とか分かりやすい
名前だといいですが、そんな名前は出てきません。
何を聞いても聞き取れず、Pardon?を繰り返していると、向こうもいらいらしてきて
他の人に代わってもらう。。。という事が続き、
もう怖くて電話に出ることが出来なくなりました。


私がしていた仕事は、

①配達伝票のデータをパソコンに入力する。
②私の指導係(ポールという20代後半男性)の手伝いをする。
③事務員(ノッシュというパキスタン人女性)の手伝いをする。
④たまに勇気を出して電話に出て邪魔をする。

その後
私が担当する仕事が追加されたのですが、

⑤倉庫にて、10キロくらいのバッグに入った書類を
 配達する国別に仕分けする

というかなりの肉体労働を伴う仕事でした。
なんで、こんなんただでやらなあかんねん!!と
かなりキレながらやっていた覚えがあります。

最初は、ネィティブ同士の会話が分からなくて
本当に落ち込んだりもしましたが、
慣れってこわいですね。
分からんもんは分からん。私は日本人なんやから最初から
分かるわけない。
と、神経がかなり図太くなっていきました。

唯一の女性ノッシュが色々と仕事も教えてくれましたし
お昼ご飯も一緒に食べるうちに、だんだんとその環境に慣れていきました。


そうそう、これは余談ですが、
このインターンシップ体験を取材させてください。と言われ、
当時の「留学ジャーナル」に載りました(笑)

いかにも、成功体験!のように書いてくださいましたが、
その記事の裏では、本当に情けない自分がいました。


語学留学では楽しい事ばかりでしたが、
このインターンシップは、辛い・悔しい・しんどい(肉体労働が)
など、色んな葛藤がありました。
ちょっと、1回では終わらなさそうなので
続きは、その4で☆ (ひっぱってすいませ~ん。)



スポンサーサイト

娘のワークブック。

親子英語
02 /17 2014

自分のメモとして記録しておきます。

親子英語の進捗状況。

1月から続けてきたお勉強の習慣づけですが、
順調に続いています。

2時すぎに幼稚園から帰ってきて、
その後おやつ。お腹を満たしたところで
お勉強タイム。

もちろんほっておいたら遊びに移りますが、
お勉強タイムだよ~と声をかけると
嫌がらずにやるようになりました。


その時間は、ほとんどの場合ワークブックをしています。
娘は、とりあえず「書く」事が大好きで、
今は、ひらがな・カタカナ・アルファベットを
書きまくっています。


1月から始めて、この2冊を終えました。

Alphabet Skills (Kindergarten) (Step Ahead)Alphabet Skills (Kindergarten) (Step Ahead)
(2000/03/06)
Golden Books

商品詳細を見る


Letters and Sounds: Grade K(Golden Step Ahead)Letters and Sounds: Grade K(Golden Step Ahead)
(1984/08/13)
Lois Bottoni

商品詳細を見る



大文字・小文字を認識して、ある程度書けるようにもなってきました。
これと並行して、サイトワードを覚える取り組みもしていますが、
これはまだまだ先は長そうです。


次のワークは、これをやることにしました。
ちょっとハードルが高いかもしれませんが、
ぼちぼちやっていきます。

100 Words Kids Need to Read by 1st Grade (100 Words Workbook)100 Words Kids Need to Read by 1st Grade (100 Words Workbook)
(2003/05)
Gail Tuchman、Lisa Trumbauer 他

商品詳細を見る




















Web講座修了!

英語学習
02 /13 2014

久しぶりの更新となりました。
色んな事でバタバタとしていました。
英語の勉強に関しても、ちょっとした変化がありましたが、
またそれは後日お話したいと思います。

今日で、Web受講していたサイマルアカデミーの講座が終了しました。


基礎から始める通訳トレーニング

いやーー、難しかったです!
英語→日本語、日本語→英語 どちらに変換するのも一苦労。

英語を英語のまま理解する事と、
日本語に変換し、人に分かりやすく伝える事では、
要求されるスキルが全然違います。

英語力を高めることはもちろんですが、
日本語能力も必要となってくるんですね。


頭で理解していても、日本語が口から出てこないのです。
出てきたとしても、すんごい直訳。。。
録音を聴いていても、あまりのひどさに吐き気がww
こなれた日本語って難しいですよね~。
普段話している日本語が全然こなれていない私。
稚拙な文しか出てきません。

この講座では、日英・英日一回ずつ課題を提出して
自分の訳を添削してもらえます。
自分の解釈や表現を客観的に見てもらう機会は
なかなかないので、とても勉強になりました。



で、その後どうすんの?ていう話ですが。

通訳とはなんぞや?どのような技術が必要なのか?
このメソッドを生かした英語力向上は?
など、この講座を通して色んな事を学び考えました。

やはり、英語力はまだまだ足りないな。という事も分かりました。
そしてまだ改善の余地はあるな。という事です。

日英に関しては、全然表現が足りません。
その点については、添削してくださった先生からも指摘がありました。
その表現を増やしていくには洋書を読むことをお勧めします。との
アドバイスもありました。
やっぱりもっと読まないといけないし、
新しい表現はどんどん自分に取り込んでいかないと
自分の引き出しは増えていかないですね。



色んな事を学んだこのインターネット講座ですが、
半年で全10回という余裕のあるプログラムでした。
そして期間中はレッスンを繰り返し視聴できるので
復習もより頭に入りやすいです。
マイペースに学ぶには良い講座だと思いました。


英日の素材となっていた外務省の動画がとても良かったので
最後にみなさんとシェアしたいと思います。
東日本大震災復興のために、外務省が作成した日本を紹介する動画です。
通訳ガイドの勉強にも役立つと思います。




Japan:Fascinating Diversity


久しぶりに英検過去問に挑戦。

英語学習
02 /03 2014


語学留学シリーズの途中ですが、
今日は最近の勉強で、ちょっとした気づきがあったので
書いてみようと思います。

先日の英検の問題がもうホームページにアップされていたので、
久しぶりに時間を計って解いてみました。


語彙問題     13/25
リーディング   25/26
リスニング    26/34


という結果に。

語彙が悲惨。。。やらないとこんなに忘れるのか(泣)
と落ち込ました。
が、リーディングがえらい出来てるではないですか。
これは素直に嬉しい。

実際に試験場に行ってテストを受けるのと
家で時間を計って解くのとでは、出来が違うと思いますが、
自分の弱点を知るのに過去問を解くのはとても良いと思います。


この結果から、ボキャブラリーがかなり抜け落ちている事が判明。
普段の勉強で、難しい記事を読んでいても、あ~見たことある。
こんな意味やったっけな~と推測読みばかりしていて
辞書を引いて確かめることをしなくなっていました。

洋書読みについては、kindleで読んでいるので
分からない単語をすぐに調べることが出来るのですが
結局見直すことなく放置し、頭の中に入っていないんですね。

kindleの単語帳、すでに500個ほど単語がたまってきました。。
そのせいか、単語を調べるときにえらい時間がかかります。
単語を反転させて、意味が出てくるまでの時間がもどかしい。。
一回全部消去したいんですが、やり方がイマイチわからん。


そしてリスニングですが、やはりPart2が弱いです。
長いパッセージになると集中力が持たないのかなぁ。

先日とある英語本を読んでいて、WPMの事が書いてありました。
word per minutes ・・・一分間にどれだけの単語を読む(聴く)ことが出来るか。

今まで実際に数えたことがなかったのでやってみましたところ、

簡単な文章(英検2級程度)では,180words
TIMEの難しい文章では,120words
という結果になりました。


これは音読をしながら、かつ内容を理解して読む。
という事を前提にして数えています。


普段黙読ばかりしているので、
音読しながら理解すると、スピードがガクっと落ちます。
これが、リスニングのときも起こっているのではないか?
と考えました。
音はとれているのに、理解が遅い。(前もブログに書いたような。。。)

難しい記事を出来るだけ早く音読し理解する。
という練習をしばらく続けてみようと思います。



















いんこ

2008年通訳案内士、2012年英検1級、2013年TOEIC980を取得。6歳・4歳の子供たちの育児をしながら、英語学習をコツコツ続けています。