The House at Riverton 読了。

洋書
07 /29 2014

The House at Riverton 読了しました!

The House at RivertonThe House at Riverton
(2007/06/15)
Kate Morton

商品詳細を見る


洋書歴の浅い私の中で、とても重厚な本を読んだという読了感がありました。
すごく良かったです!ダウントンアビーを見た後に読み始めたので、情景が頭の中に浮かびやすく
この時代の貴族の世界に入り込めました。
当時の貴族の生活、それに仕える使用人の世界、歴史的背景など
自分の生活とは全く別の世界に入り込める小説ですね。
「花子とアン」ではないですが、想像の翼を広げながら楽しみました。

ですが、ボキャ貧な私にとって、この本に出てくる語彙はけっこう難しかったです。
Kindleなので、辞書機能で調べるのですが、このパっと出てくる意味を見てしまうと
ほんとに単語を覚えません。というか、覚えようとしてないですもんねww

けっこうな量の分からない単語が出てきたので、
ある日分からない単語をパス単で調べるという事をしてみると。。。
出るわ、出るわ、1級単語。
そして、自分の忘れっぷりに唖然としました。

一部の単語を抜粋しますと、

prudence 慎重さ
plunder  荒らす、略奪する
dispensation 免除
suave   物腰柔らかな
compunction 良心の呵責
devulge  暴露する
virulent  悪質な


Bランク、Cランクも普通に出てくるんですね。
このような重厚な本をすらすらと読めるようになるには
もっと語彙を増やしたいなーと思い、
最近またパス単1級に取り組んでいます。
一度目を通しているものなので、これ見たことあるなー、
でもなんだっけ?というものを確実に分かるようにしていく事が目標です。


さて、次の本は何にしようかな。
同じ著書の本で、The Forgotten Garden を購入してあるのですが、
その前に軽いものを挟んでからにしようと思います。

シドニィシェルダン、読みやすいと聞いたので
読んでみようかな~?
スポンサーサイト

ヴァーチャル夏休みに参加します!

英語学習
07 /20 2014

夏休み、始まりましたねー!
早速、昨日子どもたちとプールに行ってきました。
張り切って、私も一緒にプールに入ったのですが。。。
今日、足先がしびれてます(泣)
こんな事になるのは初めてなんですが、
長時間水に入ったせいか、元々冷え性なのが悪化したのか。
プールに入って足がしびれるとか、おばあちゃんの現象ですよね。
加齢を感じる今日この頃。

さて、毎年あっという間に過ぎてしまう夏休みですが、
何もしなくて終わったーとならないように、
こちらの企画に参加することにしました。

「ヴァーチャル夏休み」

ツィッターのフォロワーさんが主催されているのですが
子供の夏休みに合わせて、大人も課題を決めて夏休み期間中に取り組む。
という企画です。
詳しくはこちらへ。
http://100wishlist.com/

ここ数日、何に取り組もうかなーと考えていたのですが、
前回の記事でも書いたとおり、九州全土の観光地の知識を増やす事が先決なので
主要観光地の下調べを各県ごとにしていく事を夏休みの課題とします!
具体的には、主要観光地の情報を日本語で収集(旅行誌、HPなど)
その後、英語に変換し説明できるようにしていく。
というプロセスになりそうです。
鹿児島の情報は一冊のノートにまとめているので
各県の観光ノートを作っていこうと思います。

とは言え、子供たちが24時間一緒なので(汗
あまり無理せず、子供たちとの夏休みも楽しみながら
課題に取り組みたいと思っています。

ちなみに、我が家のこどもたちにも夏休みの宿題を与えましたww

年長の娘には、くもんのワーク(足し算・初級)
年中の息子には、ひらがなワーク。
英語も少しずつ毎日触れさせたいなーと思っています。
(一学期は、私が役員で疲れ果てて、英語の取り組みが出来てない。)

娘は最近足し算や引き算に興味を持ち始め、
早速ワークにも取り組んでいたのですが、
息子よ。。。君はほんとに頭を使おうとしないね。。。
まだひらがなも読めないし、数字も怪しい。。。
トッキュウジャーの事しか頭にないようです。
いつも戦っています、架空の誰かと。
大丈夫なんか、この子は。と諦め気味ですが、
こればっかりは個性だと思うしかないです。

元気が一番!!
これに尽きます。


添乗研修に行ってきました。

通訳案内士
07 /15 2014
先週末、ガイド協会が主催する添乗研修に参加してきました。
場所が福岡だったので、交通費もかかるし、子供たちも見てもらわないと
いけないし。。。で参加するのも悩みましたが、
夫に相談すると、あっさり「いいよ。」という返事。
それ以上でもそれ以下でもない。みたいな返事なんですが、
このあっさり感はかなりありがたかったです。

講師の方は、中国語の通訳ガイドさんでした。
参加者も、英語のほかに中国語・ポルトガル語・スペイン語と
色んな言語の方が来られていました。
参加者の一人に、鹿児島から来られている中国語ガイドさんが
いらっしゃったので少しお話をすることが出来ました。

そこで耳より情報をゲット!!
その方も時々されているらしいのですが、
クルーズ船が入港したときに港に行って、
船から降りてきたお客様にボランティアで案内しているとのこと。
英語では鹿児島の語学スクールの生徒が
団体でボランティアをしているので、もし興味があれば
そこに問い合わせをしてみたらどうか。と教えていただきました。

仕事もなかなか来ないし、早く経験積みたいなーと思いつつも
何も出来ずモチベーションが下がっていた私ですが、
一度そこに連絡し、ボランティア案内をやってみようと思っています。
早速問い合わせのメールを入れました!

研修の内容ですが、初めて仕事を受ける人を対象にした
添乗業務の説明が主でした。

添乗員とガイドの違いってご存知ですか?
これが意外と知られてなくて、一緒くたにしている人が多いそうです。

ガイド・・・観光箇所の説明(バス車内・現地) 歴史・エピソード・情報 観光ポイントまでの案内をする。

添乗員・・・お客様と旅行者の間で交わされた契約通りの旅行のスケジュールを円滑に行うことができる 
       ように、時間・予約などの確認管理を行う。通常ガイディングは行わない。

通常、「添乗員になるには、国土交通大臣に登録された研修機関の行う旅程管理研修を修了し、
かつ所定の添乗実務経験を有したものでなくてはならない。」らしいのですが、
通訳案内士の場合は、この研修を経ることなく現場に出ることが多いので、
ガイドは出来ても、添乗の業務にとまどう事が多いそうです。

実際に私も初めてのガイドのお仕事で、英語云々よりも、スケジュールを円滑にまわし
お客様のニーズに上手く応えることが本当に難しい!!と痛感しました。

添乗員に必要な資格「旅程管理主任」を近いうちに取りたいなと思っています。
これもある程度日数が必要なので、すぐにというのは難しいと思いますが
チャンスを見つけて参加しようと思っています。

他には、行程表の見方、精算の仕方、宿泊を伴ったときのツアーガイドの仕方など
経験豊富な講師の方が丁寧に説明してくださり、とても充実した内容でした。

この研修の時に、一つ仕事があるんだけどどう?と言われたものがあったのですが、
佐世保に入る船のお客様のツアーで、長崎市内へ観光。3日間連続の仕事。という
お仕事でした。いや、さすがに鹿児島から佐世保は遠すぎて行けないし、
子どもが小さいので泊まりの仕事はまだ無理なので。。。とお伝えしました。

それでも、環境的に許されるならやってみたいなーとは思いました。
そこで考えた。今の自分の知識なら、鹿児島県内しか案内出来ない。
他の県も勉強しておけば、将来受けられる仕事も増えるんじゃないか。
来年には福岡に転勤と言われているので(これは夫が一人で思っているだけなので
アテにならないが) 長崎新幹線が通れば、長崎の仕事を受けるチャンスもある!!と
ない脳みそがピピピ!!と動き出しました。

我が家は転勤族と言えども九州限定です。
今のところ、佐世保・福岡・熊本・鹿児島を経験しているので
残りは大分・宮崎ですね。(佐賀の可能性はないようです)
色んな土地に住む経験を活かせるんじゃないかなーと
やる気がだんだんと湧いてきました。

今週末から夏休みに入るので、なかなか時間も取れませんが
せっかくなのでこのやる気があるうちに、九州各地の観光地の勉強を
始めようと思います。


そうそう、最後になりましたが、
Courseraが終わりました。。。ほんとに不完全燃焼でした。
最初のうちは、英語で講義を受けるという事自体が面白くて楽しかったのですが
だんだんとフェードアウト。。。アカデミックライティングということで
あまり自分に関係のない分野だったせいでしょうか。
(じゃあ、なんでそれ選んだんや。というツッコミがありそうですが)
何を得たかといわれると、自分でも謎です。
Milk姉さん、お世話になりましたww







最近読んだ本。

英語学習
07 /06 2014

あっという間に7月~。
もうすぐ夏休み(汗
ほんとに月日が経つのが速いです。
前回の記事以降、役員仕事に忙殺されていました。
昨日やっと夏祭りが終わり、今週の反省会が終わればお役御免です。


委員長という役のせいか、かなりの時間とエネルギーを奪われました。
先週1週間は、家事も満足に出来ない状態。
ほんまにようがんばった!と自分で自分をほめてあげましたww
色んな人をまとめるという点ではすごく勉強になりましたが、
自分ってそういうのに向いてないなぁと色んな場面で痛感。
一人で黙々とやる方が性に合っています。

という訳でブログネタになる英語ネタが全くないです。
英語から遠ざかれば遠ざかるほどモチベーションも下がり続け、
今後どのように英語を生かしていったらいいのか。
どういう勉強をすればいいのか。
そういった事を考えてたりしていました。

そんな中で読みたかった本がKindleでセールになっていたので
読んでみました。

諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉
(2013/05/30)
為末 大

商品詳細を見る



私は親から、「できるまでやったら絶対できるようになる。」
と言われて育ってきました。この言葉は嘘ではないと思います。
「できるまでやる」のですから、途中でやめない限りはできるようになります。
私の両親も身を以てこの言葉を実践していたので、
自然に「諦めない」ことを目標としてやってきました。

が、最近、人には適性というものがあるんじゃないかと考えるようになりました。
これは、幼稚園の役員の仕事をしながらも感じていたのですが、
人それぞれ個性があるように、人それぞれ向いている仕事があるんだな。
という事です。
為末さんをツィッターでフォローしているのですが、
ツイートを見ていると、なるほど~と思うところが多く、
この「諦める力」に興味を持ちました。

「自分が苦手なところで、諦めずに頑張るより、自分が得意な分野を見つけて
そこで最高の成果をあげられるように努力する。」
努力のベクトルも、向ける方向によって成果が変わってくる。
という内容が書かれていました。

人間だれしも向き不向きがありますよね。
不向きのところでは不利になります。その状態で努力を続けたとしても
良い成果は得られません。
それよりもむしろ、自分の良いところが生かせる得意な面で
努力をした方が効率がいいという事です。

勉強や仕事・生き方すべてに共通する考え方だったので
今後色んな決断をするときにもう一度読みたい本だと思いました。

ほかにも色んな意味での「諦める」の解釈の仕方が書いてあり
為になる本です(ダジャレではありません)
興味のある方、ぜひ読んでみてください。

いんこ

2008年通訳案内士、2012年英検1級、2013年TOEIC980を取得。6歳・4歳の子供たちの育児をしながら、英語学習をコツコツ続けています。