How Starbucks Saved My Life 読了。

シルバーウィーク、終わりましたね。
お天気もよく、キャンプに行ったり公園で遊んだりと、アウトドアな連休を過ごしました。
だいぶ涼しくなったので過ごしやすくて気持ちよかったです。

連休中も少しずつ読んでいたこの本、今日読み終わりました。

How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone Else
How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone ElseMichael Gates Gill

Gotham 2007-09-20
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


とても読みやすい英文で、300ページ弱という長さだったので気軽に読めると思います。
裕福な家庭に育ち、名門大学を卒業、大手の広告会社に就職し、順風満帆な人生を送ってきた
おじさんが、突然会社をクビになり、エリートの道からはずれ、何もかも失う。
絶望の底にいるときにふと入ったスターバックスで、ここで働かないか?と声をかけられ
バリスタとして働き始める。今まで自分がどんなに恵まれていたか、その環境に甘んじて
どれだけ 傲慢な人生を歩んできたか。など、
一緒に働く仲間や上司から、人生で一番大事なことを学んでいく。
という実話にもとづいたハートウォーミングなお話です。

素直に読むと、心温まるいい話なんですよね。
でも、私ちょっとひねくれているので(笑)ひっかかるところが多々ありました。
このおじさん、会社をクビになったあと、スポーツジムで知り合った女性と浮気して
子どもができ、奥さんと離婚するんですよ。
まぁ、それはありそうな話なんですが、(そうか?)その後、スターバックスで働き始めたおじさんのもとに
子どもたちが会いに来たりして、良い親子関係を取り戻していくんですが。。。
「なんでこんなひどい事をしてきた自分に、子供たちは良くしてくれるんだろう。」
「スターバックスで働いている自分を応援してくれる子供たち。とても誇らしい。」
「どうしてこんな良い子たちに育ったんだろう。」というくだりがあるんですが、

一度も元妻に対する気持ちや感謝にメンションしていない。

いやいや、今まで仕事に命をささげて家庭を顧みなかった挙句、
会社クビになった途端に浮気して子供つくって離婚した父親を、ここまで好意的に
受け入れられる子供たちを育てたんは、あんたの元奥さんやろ!!!


とかなりツッコミました。

家族のために一生懸命働いて、父親らしい事は一つもしてやれなかった。
というのは仕方がないと思うのですが。。。

この主人公のおじさんは
親が何か言ったからと言って子供がそのように育つわけではない。
子どもは勝手に育つんだ。(相当な意訳になってますがww)
と言っていましたが。。。

このあたり、自分が専業主婦であり母親であるという視点で読むと納得いかんのう。という部分がありました。

たぶん、大企業の第一線でバリバリやってきた定年間近のビジネスマンが読むと
共感するところは沢山あるんじゃないでしょうか?


この本を読んでいると、スターバックスがかなりの優良企業で、働きやすい素晴らしい職場環境である
ことを強調しています。またここでほんまか??という疑問が((笑)

ちょうどタイムリーにtwitterでスターバックスに関する記事が流れてきたので読んでみると、、、

Starbucks Hasn't Met Employee Promises, Report Says

Working anytime but 9 to 5


これらの記事を読んでいると、スターバックス万歳!!という本の中身と現実は違うんですよね。
実際に店で働くPartners(スタッフのこと)は、一週間先のシフトを知らされない。
閉店業務の4時間後に、開店業務のシフトが入っている。
売上の少ない時間帯(コンピュータで売り上げ、ストックなどをすべて管理しているそう)は最低限のスタッフ
しか入れないので、スタッフの勤務希望はあまり反映されない。
など、あまり働くには良い環境とは言えません。現に労働環境改善を求められているようです。

この本にも書いてありましたが、”Total Availability”という言葉が使われていました。
いつでもシフトに入れるよ。というスタンスなのですが、
この本の主人公は、一人暮らしのおじさんなので、クリスマスシーズンであろうが
休みの日であろうが、家で一人じゃさみしいので仕事が入っていた方がいい。
という考えで、”Total Availability"は願ったりかなったりですよね。

記事で取り上げられていたシングルマザーの女性は、
予測できないシフトや、急に入ってくれと言われるシフトにふりまわされ
小さな子供を預かってくれる人を毎回必死で探さないといけない。
ある程度先の予定を知らせてくれていれば、そこまでの苦労もないのに。。。
という厳しい現実が書かれていました。


フィクションと違って、このような回顧録は実話に基づいているので
また違った視点で読むことができて面白かったです。
これがフィクションだと、そこまで懐疑的(?ww)に読まなかったですが
良いことばかり言っているけど、現実はどうなんだ?と色々考えるきっかけができて良いですね。

さて、次の本は何にしようかな~。





スポンサーサイト
Category: 洋書

英訳講座。


通信講座、一回目の課題を提出しました。
一回目のテーマは、「隠れた主語を見つけ出そう。」

日本語から英語にするときに、まずは何を主語にするかで構文が変わってきますよね。
だから主語次第で何通りもの英文が出来上がる。
その中でよりシンプルで的確な英文が一番英語らしい文となります。

主語を変えて何通りも英文を作るように練習すると、
日本語思考から英語思考に徐々になっていくようです。
これは良いトレーニングになります!!かなり地道ですが。


今受講している英訳講座の先生は、
遠田和子先生です。何冊かこの方の著書を読んだことがあるので
添削や質問で直接指導してもらえるのがすごく楽しみです。

講座と並行してもう一度読み直そうと、先生の著書を図書館で借りてきました。

英語「なるほど!」ライティング―通じる英文への15ステップ
英語「なるほど!」ライティング―通じる英文への15ステップ遠田 和子 岩渕 デボラ

講談社インターナショナル 2007-09-05
売り上げランキング : 158737


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本はオススメです。最初の章なんかは、通信講座のテキストと丸かぶりでした(笑)
これを通読するだけでも、英文が書きやすくなると思います。




Google 英文ライティング: 英語がどんどん書けるようになる本
Google 英文ライティング: 英語がどんどん書けるようになる本遠田和子

講談社インターナショナル 2009-12-09
売り上げランキング : 68243


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は、以前Milkさんに紹介してもらった本で、実際に書くときにテクニックが書かれています。
これは本当に良かったです。

英訳をするときに、「毎回とりあえずgoogle検索」から、「文の骨組みまで作る。その後、合っているかどうか
使える表現かどうかをgoogleで検索」という状態にもっていくのが今の目標です!

実際に英作の課題をやっていくと、すごく細かいところが気になるようになってきました。
mustとhave toの違いや、減少する。という一つの表現にしても、decrease , reduce, dropなど
色んな表現があり、どれが一番適しているのか。など
今まで気にしていなかったことにこだわったり。
文法をもう一度おさらいする良い機会になりそうです。


洋書の方は、これを読み始めました。

How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone ElseHow Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone Else
Michael Gates Gill

Gotham 2007-09-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


短い本で、英文も読みやすいです。今まで順風満帆だったおっちゃんが、すべてを失い絶望?しているときに
救ってくれたスターバックスでの仕事。前半は、今までどれだけ企業に自分をささげてきたか、どれだけ自分が奢って
人を傷づけていたかなど、過去を後悔するような内容で、うわ~、なんかしんきくさ。と思ったのですが
これからの展開に期待です。文章自体がシンプルなので、マネできそうな文はハイライトをしながら読んでいます。
そこまでストーリーにのめりこむ内容ではないので、構文に注意を払えます(笑)


話がコロコロと変わりますが、
みなさん、Netflix てご存知ですか?私は聞いたことはあったのですが、特に興味もなくスルーしていました。
が、先日iphone を6に変えて、一カ月だけNetflixをお試しできますよ~と言われたので、アプリを入れてみました。
一カ月定額で、国内・海外のドラマ、映画が見放題というサービス。
Huluみたいなものですね。

で、興味本位で見たドラマが、「Orange is the new black」というドラマ。
過去に付き合っていた彼女に騙されてドラッグを運んだ主人公が女性刑務所に入るのですが
その過去な状況でどう切り抜けていくか。という感じの話ですが、ハマりました!
刑務所の話だからって暗いわけではなく、ところどころ笑うところがちりばめてあるので
面白いです。レズビアン、元は男性で性転換をした囚人など、ひとりひとりのストーリーにもフォーカス
されるので毎回飽きないです。
一カ月お試しの間にシーズン1を見終わる予定です。




The Tea Rose 読了。


先週は、久しぶりにしんどい一週間でした。
急に腹痛が始まり、その後発熱。2日間ほどで熱は下がりましたが、お腹の痛みで眠れない。。。
病院に行くと、感染性胃腸炎ですね。と言われました。何も食べられなかったので、点滴と痛み止めを打ってもらい
とりあえず寝る。の繰り返し。その間、子供たちはテレビ漬け&お弁当生活。
テレビ見放題とお弁当に子供たちめっちゃ喜ぶ。母をいたわる様子もなく。。。
片付けができないので、家の中がカオスとなりましたが、
帰宅した夫が色々と片付けや家事をやってくれたので助かりました。

週末もゆっくりして、やっと普段の体調にもどりました。
夏の疲れが出やすい時期なので、皆さんもお気を付けください!

ということで、英語のモチベーションアップも急降下し、家で読書ばかりの日々でした。
昨日読み終わったのがこちら。

The Tea Rose
The Tea RoseJennifer Donnelly

Bloomsbury Reader 2014-11-18
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いやー、この本は今まで読んだ中でもダントツ一位に踊りでました!
本当に面白いし、感動するしで最後までハラハラドキドキ!!
ノンストップで読みたくなるページターナーです。
主人公Fionaが何より魅力的。さまざまな困難を乗り越えて、強く生きていく姿に感動します。
そしてそれを取り巻く登場人物がこれまた多彩で惹きつけられました。
こんなにドラマチックな物語もなかなかないと思います。
700ページと少し長いですが、ぜひオススメしたい一冊です!

これには続編もあるのですが、読み始めると他のことに手がつけられないので
もう少し先に楽しみをとっておこうと思います。

今月は、腰を据えてじっくり勉強しようと思います。
通信講座の教材も届いたので、まずはそれに集中します。
まだオリエンテーションも読んでいないので、そこから始めないと!


Category: 洋書