Hopeless 読了。

こちらの本、読了しました。

Hopeless (English Edition)
Hopeless (English Edition)Colleen Hoover

Colleen Hoover 2012-12-18
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


17歳の高校生、SkyとHolderの恋愛を描いた物語なのですが、
ただの恋愛ストーリーではない!!後半60%くらいから明かされていく
2人の過去、つながり、悲劇など、ものすごいスピードで話が展開していきます。
辛い過去を封印して生きてきたSkyの気持ちの揺れや、Holderとの心の結びつきなど
心の描写が丁寧に書かれています。
いや~、これまた良い本に出会いました。

次の本はこちら。
All the Light We Cannot See: A Novel
All the Light We Cannot See: A NovelAnthony Doerr

Scribner 2015-04-21
売り上げランキング : 625


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さて、突然ですが、最近は断捨離にハマっています。

今更なんですが、こんまりさんの片付け本をkindleでダウンロードし読みました。
テレビでは見たことがあったのですが、本で本来の片付けの意味を理解し
さっそく衣類の整理をしてみました。
こんまりさんの片付けメソッドでは、モノ自体にときめきを感じるかどうか。
が捨てるかの判断になりますが、これが私には合っていました。
これまで何回か片付ける際にちょくちょくものを捨ててきましたが
結局、「まだ使うかも。」と残しておくものが多く、あまり状況は変わらず。
もったいないから「部屋着として着よう。」と置いておいても結局着ることはないんですね。
中途半端に残しておくと、そのスペースがもったいない。
この要領で「残しておくもの=好きなもの」を選んでいくと、毎日着たいと思うものだけが残ります。
そうすると、自分の好きなものだけに囲まれて暮らしていくことが出来る。
というのがこんまりさんの片付け法です。


ときめくかどうかで取捨選択していくと、家族全員の衣類でゴム袋8つ分を捨てることになりました。
夫も子供たちも、いるかいらないかの決断は早かったです。
これだけ衣類が減ると、収納していたクリアケースが空になったり、
たんすの引き出しもいくつか余裕が出てきました。
服を畳んで入れるときのストレスがなくなりました。(今までは無理やりぎゅうぎゅうに詰め込んでいた。)

この調子で家の中のものを全部見直す予定です。
片付けは勢い!祭り!!短期的にやるのが良いそうなので
今週一週間は片付け祭りを開催します。
どれだけのごみが出るか楽しみですww

スポンサーサイト
Category: 洋書

Back to normal !!

前回の記事に、たくさんのコメント、アドバイスありがとうございました。
未熟な私のつぶやきに色んな方から温かい言葉をいただいて
自分なりに消化し、また前向きに考えることができました。
自分の気持ちを吐き出して聞いてもらえるところがあるって本当に救われます。

あれからすぐに娘が流行りのインフルエンザに罹り、先週一週間は軟禁状態でした(汗)
息子の発表会が控えていたので、息子だけにはうつしたくない~!と
夫と息子を別の部屋に寝てもらい、色々気を遣っていたのですが、
なぜか一番接触の少ない夫にうつって発熱。夫の場合は監禁状態でした。
食事も運んで、トイレ以外は出てこないでください。と閉じ込めたw

息子は今のところ罹ることなく、昨日無事に発表会を終えることができました。
ほっと一安心ということで、やっと日常に戻った感じです。

英語はというと、洋書を読むことと、皆が寝た後にドラマを観ることで現実逃避していました☆
先週読み終わったのがこの本。Husband's Secret の著者の本です。

The Last Anniversary
The Last AnniversaryLiane Moriarty

Harper Perennial 2010-04-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は、twitter情報で安くなっていた時にダウンロードしたものですが、
とても面白かったです。シドニー近郊の小さな島に住む家族の物語です。
この島のある家で起こった未解決ミステリーを呼び物にして観光業を営んでいる家族。
4世代に渡るそれぞれの人物描写に共感できるところが多くて
読んでいて飽きさせないストーリーです。
特に自分と同世代で、息子を産んだばかりのGraceという登場人物がいるのですが、
その女性の気持ちが、自分が初めて娘を産んだ後の状態にとても似ていたので
あー、分かる、分かる。英語ではこういう言い方をするのね~。なるほどね~。
とやたらうなずきながら読んでいました。

出産直後に、産まれてきてありがとう!ものすごい感動の嵐!などの感情を抱く。と
たまごクラブなどに書かれていた情報もあって、私も出産したらその感情を味わえるなんだな。と
なんとなく思っていました。実際の私の出産直後の状態は、しんどすぎ。とりあえず寝たい。泣き声がうるさい。
だったんですよね。でも、そんな事感じる人はなかなかいないんじゃないか。
そして、そんな事思ったら母親失格じゃないか。などと思っていた時期があり、
産後はかなり不安定な精神状態でした。 まさにPostnatal Depressionですね。
この子は、私がいないと死んでしまう。どうしよう、大変なものを産んでしまった!と
すごい強迫観念にかられていました。

この本の中で書かれていた文章に、その時の私の気持ちにぴったりの言葉がありました。

"the enormous responsibility of keeping his tiny heart beating, his tiny lungs breathing"

こういう自分の気持ちにぴったり沿う英文を見つけた時の喜び!(マニアックな地味な喜びですが)
それが洋書を読んでいる醍醐味の一つです。

"Some people aren't motherly. I find babies quite terrifying. I wasn't ready to be a mother."

これもメモをした箇所です。 赤ちゃんが得体の知れない生き物に思えた時期があったので
(というのも、娘はずっと泣きっぱなしで、何をしても泣くので、娘と二人きりになるのが怖かったです。)
こういう悩みは万国共通なのね。と、変なところで感心してしまいました。

Motherly ・・・a motherly woman is loving and kind, like a good mother
(longman 英英辞書より)

この表現、とても面白いなぁと思いました。生まれつきmotherlyな性格の人間とそうじゃない人間が
いると思います。私はそうじゃない人間だったので、母親らしい感情を持つまで時間がかかりました。
そういう情報も、たまごクラブ、ひよこクラブに書いていてほしいと思いましたね。
Graceも母親らしい感情が産まれる瞬間があります。

"And that's when it happens, and she can hardly believe it, because, oh my God,
it is just like all those stupid mushy new mothers said it would be, a shot of joy straight to the heart,
just like the adrenaline that saved her life-a burst of pure, mind-clearing euphoria, powerful, primal, lustful,
blissful love for her son."

表現豊かな文章だなぁと思います。自分の気持ちにフィットした文章を沢山ストックしていきたいです。


それとは別に今ハマっているドラマが
Netflix の 「セルフリッジ 英国百貨店」です。
ダウントンアビーと同じ時代設定です。
ロンドンの老舗デパート、セルフリッジの創業者の人生を描いている実話を基にしたドラマです。
セルフリッジはアメリカ人だったんですね~。
波乱万丈の人生で、セルフリッジを取り巻く家族、従業員、貴族との交友関係など
当時の時代のファッションや歴史的背景も知る事ができてとても面白いです!
ぜひぜひオススメ。すでにシーズン2まで観終ってしまったので、次のシーズンが楽しみです。

Category: 洋書