2冊読了 と ニュースで英会話。

洋書
05 /14 2017
あっという間に5月も中旬。
天気も良くなってきて、毎日緑が綺麗だなぁと感じる季節になってきました。
さてさて、こども英会話講師の仕事を始めて一カ月。だんだんと慣れてきました。
私の場合、時間も午前中のみ、週に2、3回なので、
仕事というほどの額も稼げていないのですが(汗)

ペアティーチングで、基本的にレッスンプランを考える必要がなく
外国人講師のサポートをするので気が楽です。
英語うんぬんよりも、いかに子供を集中させるか(黙らせるか、いや静かにさせるか)
が私の仕事かもww やっぱり子供たちは元気です!レッスン中関係ない事話すし
隣の子たちと遊ぶわ、もめるわで、それを制止するのにエネルギー使いますねぇ。
自分の子だと、ドスを効かせて「あんたら、ええ加減にしいや。」で黙らせられるのですが、
人の子でやると、クレームになりますもんね(汗)

パートを始めた事で、色んな事をテキパキこなすようになりました。
子どもたちは7時半には家を出るし、夫も8時ごろ出て行きます。
私は大体9時に家を出るのですが、出発までの時間で勉強時間を30分捻出するようになりました。
前にあっこさんがtwitterでつぶやかれていた「ニュースで英会話」のやり方をまねて、
私も毎日やる事にしています!!奇跡的に続いています!!って言ってもまだ3週間くらいですが。

①日本語→英語 で口頭でやってみる。
②その後、英語文をリスニングで聞く。音読・シャドーイング何回か。
③一文ずつの解説を読む。(これが結構勉強になる)
④最後に、日本語文を見ながら、ノートに英文で書いて終わり。

最後にノートに書くことで、今日もやったぜ感が上がります。
なんとか出来る限り続けていこうと思います。

最近読んだ本を載せておきます。
A Tale for the Time Being
A Tale for the Time BeingRuth L. Ozeki

Canongate Books 2013-03-01
売り上げランキング : 2807


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これは以前にMilkさんが紹介されていて、読みたいリストに入れていた本です。
カナダのある島に住む女性が、ビーチに流れついた日本からの漂流物を見つけます。
その中のある日本人の女子高校生が書くジャーナルが中心となり物語が進んでいきます。
東日本大震災、メイドカフェ、帰国子女である女子高生が遭う壮絶ないじめ。。。など
現代の日本の等身大の様子が描かれています。ところどころ辛い描写も多いのですが、
後半の展開はスピード感があって面白く読めました。
最後のところはパラレルワールド?な感じで、時間軸が分からないところもあったのですが
希望のあるエンディングになっていました。

女子高生の大叔父が特攻隊で亡くなっているのですが、
特攻隊での訓練の様子、最後の親への手紙を、軍の検閲でバレないように
フランス語で書いたものが出てきます。その内容にとても心打たれました。
実際の若者の本心はまさにこれだったんじゃないだろうか。と考えさせられました。
知覧の特攻記念館も訪れ、「永遠のゼロ」も読みましたが、
特攻という史実を美化している部分というのは少なからずあるような気がします。
まだまだ未来ある若者の未来が、戦争に勝つ可能性のない時期に特攻隊として
命をささげることを強制されたという事の方が、もっとフォーカスされるべき部分だと思います。

色々重いテーマが複雑に入っていますが、日系外国人の著者から見た日本という視点で
書かれた面白い本でした。

あと一冊はこちら。

The Letter: The #1 Bestseller that everyone is talking about (English Edition)
The Letter: The #1 Bestseller that everyone is talking about (English Edition)Kathryn Hughes

Review 2015-03-19
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本も一通の手紙を中心とした物語。とても読みやすい英語であっという間に読み終わりました。
DV夫を持つ女性が主人公なのですが、なんでこんな殴られるのに別れないんだろうといつも思いますが
こういう状況にいる女性は、冷静に状況を判断できないんでしょうね。
そんな主人公が週末だけ働くリサイクルショップで、古着の中から一通の手紙を見つけます。
若いカップルの男性から女性に向けた手紙。手紙の内容が気になり、持ち主を探し始めます。
別々の物語が、一つの手紙を通じて繋がっていき、最後にはハッピーエンドを迎えるというお話。
その当時の時代背景も分かるし、アメリカ・スコットランド・マンチェスターと場所を変えて展開していくので
飽きさせないストーリーでおすすめです。

なんだか長々と書いてしまいました。
まだ書きたいこともありますが、また次回の更新で~☆



スポンサーサイト

いんこ

2008年通訳案内士、2012年英検1級、2013年TOEIC980を取得。6歳・4歳の子供たちの育児をしながら、英語学習をコツコツ続けています。