二次対策その3

英検1級勉強法
02 /16 2013

それでは勢いにのって、スピーチ対策その3。


二次対策その1の最後で、二次面接2週間前に素晴らしい先生に出会ったという前ふりのまま
終わりましたね。

そのスクールなんですが、こちらです。

A&A English


こちらは、私がツィッターでフォローしていたあっこさんという女性が、フィリピンの英会話講師Alex先生と
始められたオンラインスクールです。あっこさん自身、英検1級、TOEIC985という英語力の持ち主で
今は講師もされています。

私は2分間のスピーチを即興で作るという練習を何回もしていたのですが、どうしても2分間にまとまらない。
オンラインの先生にも試験官になってもらい、色んなフィードバックをもらっていたのですが
実際何が一番の弱点なのか言ってくれる先生はいませんでした。


そんなときに、あっこさんから紹介していただいたAlex先生。英検1級の二次対策もしてくださるという事で
早速受けてみました。実際に先生の前で、出されたお題について2分間スピーチ。案の定、二分間で終わること
ができず、最後はぐだぐだに。。。

この1回の私のスピーチを聞いただけで、Alex先生は私のどこが悪いのか、を見抜いてくれました。

それは、イントロダクションがどうしても長くなる。なので、最初の部分はできるだけ短くしなさい。

例えば、Can Japanese companies remain competitive in today's global economy?
というトピックで、自分の意見はイエスだとすると、

Yes. I think Japanese companies can remain competitive in today's global economy
for the following two reasons.

これだけでいい。これ以上話すと、どんどんイントロダクションが長くなり、
君の場合はそこで時間を使いすぎる。すぐにボディの部分の理由にうつりなさい。という指摘をいただきました。

まさに、はっっっ!!!そういう事だったのか。と目から鱗でした。
そこで、ちょっとした背景知識などを入れていたために、どんどん話が横にそれて、2分間で収まりきらない
内容になっていたのです。一人で延々とボイスレコーダーに向かって練習していたのですが、
こういう客観的な指摘がないと、スピーチもよくなりません。


そして、私のスピーチを一回聞いただけで弱点や、改善点を迷いなく指摘してくれた
Alex先生の指導力の高さに私が感動しました。まさにプロ講師なんですよね。

オンライン英会話では、たくさんの講師がいますが、本当に英語力、指導力があり
自分を軌道修正してくれる先生は少ないと思います。そのような体験をしたのは私自身初めてでした。

それ以来、こちらのスクールにお世話になっています。週1回の担任制でAlex先生のレッスンを受け
そのほかの日は、色んな先生とレッスンをしています。
このスクールの特徴は、先生の質が本当に高い!事です。オーナーのあっこさんのセレクトが素晴らしいのだと
思いますが、今日はハズレだった。。。と思う先生はいません。
せっかくのレッスンを毎回充実したレッスンにするには、やはり先生の質が大切だと思います。


二次対策ではやはり相手が必要!!オンラインレッスンでぜひ面接練習をしてみてください。

まだまだ書きたいことがあったのですが、私の眼が限界になってきました。。。

続きはまた次回。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いんこ

2008年通訳案内士、2012年英検1級、2013年TOEIC980を取得。6歳・4歳の子供たちの育児をしながら、英語学習をコツコツ続けています。