Painless Writing 読了。

ライティング
05 /22 2015
今日は何も予定がない日。
久しぶりに大型スーパーへ買い物にでも行こうかなーと思っていたのですが、
昨日届いたカードの請求書を開くと、目ん玉飛び出るほどの金額(おおげさ)だったので
今日はどこにも行かずに家の用事をすることにしました(汗)

3月に買った娘の学習机とフルーツフルイングリッシュのチケット代が今月請求だったようです。。。
これも、神のお告げと思い(笑) 給料日までなんとかしのぎます!!



そうそう。
あの噂の息子のクラスの「ザ・オオサカ」ママの続報。(誰も待ってないとは思いますがww)

あまりの個性の強さになかなか他のお母さん方も話しかけにくい事を担任の先生も気づいていたのか
昨日クラス役員の一人のママに先生からお願いがあったようです。

先生:〇〇さんは、中国人なんです!!大阪から引っ越しされてきたこともあり、
    鹿児島の風習に付いていけない事もあるようで、役員さんからもクラスの輪の中に入れるように
    積極的に話しかけてもらえますか?

というように言われたようで、役員のグループラインに、みなで話しかけましょうという呼びかけが
来ました。皆からは「ビックリしたけど話しかけてみます!」みたいなレスポンスがあったのですが。。。

まず、先生、オオサカママは中国人じゃないと思うんですが。。。
私が話したときに、「うちのお母さん、キムチ屋やってんねんかー。」
と言っていました。そして実家は鶴橋というコリアンタウン。この情報から在日韓国人の方だと思います。

でもその情報って要るんでしょうか?大阪出身で鹿児島に慣れてないから。という説明だけで
良かったんじゃないかと。なんか先生の間違った情報(たぶん)で、やたらオオゴトにされて気の毒だな。
という印象を持ちました。特別視される事で余計居心地悪くならないかとちょっと心配。

先生の一生懸命さは伝わってきたのですが、個人情報についてはもっと慎重に。。。と思いましたね。
あまりそこまで心配しなくても、そのうち慣れてきたら皆で楽しくできるだろうし
一人の方が気楽な人だっていますしね。色んな人がいてええじゃないか~。

さて、前置きが長くなりましたが、英語の話。

時間があったので、放置していたライティングの本を最後まで読み終えました!!

Painless Writing

いやー、この本、良かったです!!
チャプターが9つに分かれていて、シンプルで分かりやすい文章を書くコツが沢山書かれています。
これらをすべて実践できたら、確かにかなり良いライターになれるでしょう!!
一通り読み終えて、理解はしたので、あとは実践あるのみ。


この本で勧められているのが、自分が書いた文章を見直して、この本に書いてあるmethods通りに書かれているか
チェックすることです。そうして自分の書いた文章を自分で添削することで、文章が磨かれていくのですね。

フルーツフルで添削してもらったものをもう一度読み直し、自分でリライトしようと思っています。
もっと今ある自分の教材や素材を何回も利用しないと損だな。と今気づきました(笑
あせって講座を色々探していましたが、まずは今すぐにやれる事を先にやってから
新しい事に挑戦することにします。








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

Painless Writingか。
今、かなり英訳の弱さを痛感しているので、こういう課題にはすぐ飛びつきます。今日、本屋に行くので見てきます。

そして、その大阪人のお話。
先生、過剰反応しすぎだなと私も思います。
ただ、大阪から引っ越してこられたからみなさんからお声掛けしてあげてくださいとかいえばいいのにね。
昨日、実家に行ったのでテレビを見ていたら、尾木ママが出てまして、発達障害の話をされていました。
発達障害の子を持つ親は大変なようです。色々いわれるみたいですね。だから、ちょっと尾木ママがお姉言葉でなごませてから、とにかく話を聞くそうです。
学校サイドも、個性の強い子に対応できる余裕がなくなっているともおっしゃっていました。
私もどちらかというと個性強いタイプなので、他人事には思えません。
ほんと、一人の方が気楽という人もいるのにね。

No title

その本、面白そうですね。「正しい英語」を書くことから「自然な英語」を書くことへと目標を変えていくことも、プロとしては大事なポイントですよね。英語学習を続けていくうちに目指す英語も変わっていきますね。

自分の書いた英語を自分で見直してみるって大事ですね。いろいろ気付くことがありそうです。でも、意識しないとなかなか変わらない。逆に言えば、意識すれば変わるとも言えます。

普段、講師として初級レベルの方を多く指導していると、自分の使う英語も「初級レベルの方向け英語」になります。上級者の英語を初級者に求めたら、みんな挫折して学習続かないので、エラーコレクションもほどほどにしますし。なので、自分の英語力を高めようと思ったら、意識して自分でも勉強しないといけないんですよね。

いつも真摯に学習に取り組まれているいんこさんの姿勢に、私も勉強しなきゃなという気になります。お互いがんばりましょう。

No title

先生、気持ちはわからないでもないけど、国籍うんぬんを多数の人に言っちゃうのはダメだと思うなー。みんなも最初から構えちゃうと思うし、焦らないで強烈個性ママをじわじわーっとみんなの中に入れるようにする作戦がいいんじゃないかと思うんですが・・。

いんこさん、図書館でもたくさんの本を借りて読んでらっしゃいますよね。いつもシェアしていただいてありがとうございます。
先日のコメントで私の書いたものを読んでみたいと書いていただいてましたが(^_^;)、近々メールで送ってみます。

No title

先生のそのザ大阪の方への見方、先生という立場で保護者への発言。。。。

それはきわどいね。 大事になることもあるよね。それ。
ザ大阪の方から先生への依頼で、そうお願いしたんならいいけど、

正しい情報に基づいてるかとか、個人情報をどこまで話していいかなど、 ちょっと考える意識が浅かったな~(汗)
悪気はないんだろうけど(汗)

英検1級ロードに出たけど。。(汗)
HIROSHIさんの学校(IEA)(イリュージョン English アカデミー)研究科入学に関して、いろいろ手続き書類が遅れてきて(爆)

もう逃げられないと思いましたわ(汗)思い付きだったんだけど(爆)
これを足かせにがんばります(汗)

英作文あるから、勉強になるかな。また教えてください!

Re: No title


sakuraさん

Painless Writingは、アメリカの中学生向けに書かれたライティング本で
とても分かりやすく書かれています。すべての章に書かれているコツを実践できれば
3C(clear,correct,concise) な文章を書くことができます。
が、それを実践するのが難しいですよねww 私は本屋さんでは見つけられなかったので
Amazonで買いました。

今回の担任の先生の対応はちょっと残念でした。
次のクラスの集まりでの雰囲気が気になりますが。。。
色んな子供・親がいますが、過剰反応せずにみんなが認め合う雰囲気が
一番いいですよね。かまわんといて~と思う人もいるわけですから。

Re: No title


lady greenさん

そうなんです!!「正しい英語」から「自然な英語」の間がとても大きいと思います。
添削されても、言いたい事は伝わっているけれども,unnaturalな表現あり。
とされる事も多いので、そこのところは自分で意識してネィティブの文章から盗んでいかないと
いけないんですね。それにはやはり沢山読むことなんでしょうか。

教える側の立場だと、生徒さんのレベルに合わせた英語を話さないとダメですよね。
じゃないと生徒さん、理解できないし。。。
ガイドの時も、非ネィティブとネィティブのゲストでは、英語の種類を変えた方がいいんでしょうが
まだそこまでのレベルに行っていない私ですww
もっと自然な英語を使いこなせるように日々精進ですね♪


Re: No title


ピッピさん

そうですよねぇ。私もじわじわ作戦が良いと思ってたんですが。。。
先生先走ってしまった感があります。次の茶話会(この言葉、独特ですよねww)で
良い雰囲気が作れればいいですが。

この本は、twitterのフォロワーさんから教えていただいたのですが
とても良かったです。英語で書かれていますが、シンプルな分かりやすい文章なので
読みやすいです。私も何をどうしたら効率よく書けるようになるのか
手当たり次第読んでいる感じですww
ぴっぴさんの文章、是非読ませてください♪メールお待ちしています!

Re: No title


大阪の主婦さん

ですよね~。ザオオサカママはたぶんそこまで気にしないと思いますが、
ちょっと厄介な人だとたぶん問題発言として大事になりますよね。
先生の独断と偏見で行動した感じが否めません。。。
ベテランの先生で信頼していただけにちょっと残念です。

「IEA」!!!いい名前だ~(爆)しかもオススメ教材まで送られてきて
どんだけ手厚い学校!!!私も入学しようかな。(英検受けるの勇気いるわぁww)
でも目標設定してやるべき方向をパパッと決めていく主婦さん、かっこいいです。
頑張ってください、応援しています☆

いんこ

2008年通訳案内士、2012年英検1級、2013年TOEIC980を取得。6歳・4歳の子供たちの育児をしながら、英語学習をコツコツ続けています。