A man called Ove 読了。


先日は英検2次試験でしたね。
私も4年前のこの時期、2次試験をドキドキしながら受けにいったことを覚えています。
何しろ、新幹線代がかかっていたので(九州での二次受験地は福岡のみ。。。)
これで受からないとまたお金がかかる!!と変なところで意気込んでいたことを思い出します。
あ~あれから4年。私は成長しているんでしょうか。。。
英検をもう一度受ける元気も今の私にはないww
子どももまだ小さく今より確実に時間がなかったのに何であんなに頑張れたんだろうと
不思議に思います。何かに憑りつかれていたのかな(笑)

さて、巷ではTOEICが改変されるということで話題になっていますね。
1年に1回は受けようと思っているので、前回受けてからそろそろ1年経ちます。
改変されるまでに受けておこうかな~。

11月もなんだかんだで忙しく、今日は久しぶりに午前中一人時間が取れました。
やっと通信講座の6回目を提出!今回は、数字の表現がテーマでしたがすごく難しい。
~の何倍、何分の一、以下、以上など、読めてもいざ書けとなったら難しい表現が沢山あります。
時間がかかりながらも提出したので一安心。

このところ読んでいたこの本、読み終わりました。

A Man Called Ove (English Edition)
A Man Called Ove (English Edition)Fredrik Backman

Sceptre 2014-07-03
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Oveという頑固じいちゃんが主役のお話です。
二年前に唯一自分を理解してくれた妻が亡くなり、自分も妻のあとを追って自殺を試みようとします。
が、近所に引っ越してきた若い家族と関わるうちに、わずらわしいと思いながらも、近所の人たちとの
交流を深めていきます。ずうずうしいくらいの勢いでOveにかかわろうとする隣人。
奥さんが生きていたころには交流をしていた年老いた夫婦との友情など、
色んな人間味を感じられて、心が温かくなるような物語でした。
アメリカアマゾンのレビューも良いので、気軽に読むにはオススメの本です。

前回のStill Aliceから感じていたのですが、
ここ最近、洋書を読むスピードがぐんと上がりました。
これは、一つのブレークスルーなのか?と一人喜んでいるのですが、
分からない表現を突き詰めて読んでいる訳ではなく、
難しい表現はとばしているからかもしれませんがww
ストーリーを追うことを目的としているので
そこまで文法に気を付けて読んでいません。
そういう点では、多読と精読、バランス良くやっていきたいですね。
輪読会で精読の機会があるのがありがたいです!

数えてみると今年は11冊の本を読みました。
年末までにあと2冊は読めるかなー。


スポンサーサイト
Category: 洋書

コメント

No title

こんにちはi-1
いいペースで読書続いてるようで素晴らしい!!!
私はTea Roseの続きのWinter Roseが長くて長くて、苦しんでおります。ようやく佳境に入ってきました。

ちょっと低調だった気分も少しあがってきたので、年末に向けて「終わりよければすべてよし」ってことで頑張ろうと思います。

Still Alice次読もうかと思ったのですが、悲しい話を避けたいので、何か他のご提案頂けるとうれしいです。わがままいってすみません!

2015/11/16 (Mon) 13:49 | Milk #- | URL | 編集
Re: No title


Milkさん

お返事が遅れてしまってすいません!!

洋書ですが、少しずつですが読むスピードが上がってきました。
この調子で来年も続けていきたいなーと思います。
確かに Still Alice は重い内容なので、読む時期を選びますよね。
私はまだまだ本を知らないのでオススメできるほどの本はないのですが(汗
去年読んだ Help は良かったですよ。
黒人英語なので少し読みにくい部分もありましたが
とてもずしーんと来る内容で良かったです。(これまた重い内容でしたね 笑)
今年もあと一カ月!最後良ければすべてよし。という事が染み入ります~。


2015/11/24 (Tue) 16:05 | いんこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する