団体ツアーの準備。

通訳案内士
05 /11 2016

先日のガイドのお仕事から一カ月経ちました。
前回自分がやって良かった事、改善点など、色々と振り返ってみました。
次回のパフォーマンスをより良くするためにも、ここにメモをしておきたいと思います。
私自身、ガイド準備をする際に色々ネットで現役ガイドさんのサイトなどを探してみますが
具体的にどのようにされているかなどをシェアされている方は少ないです。
まだまだ経験の浅い段階で、どのように準備したかの過程を記録しておくと
自分のためにもなるし、他の方の参考にもなれば良いなぁと思いました。(大して参考にもならない可能性大ですが)

準備の仕方
ツアーの目的地に関する基本的な情報を調べる。(パンフレット、ネット、書籍など)

私の場合、たまにしか仕事をしないので、毎回覚え直します。鹿児島の場合、ツアーで行くところはほぼ一緒なので
1か月に何回もツアーの仕事をすれば、どんどん知識もしみこんでいくのだと思いますが、
毎回記憶がなくなる私はゼロからスタート(汗) 前回のスクリプトを見直し、それに修正をしたりして
新しい情報も加えていきます。まだまだ慣れないので、英語でスクリプトを書いています。
ベテランガイドさんは、重要事項だけメモしたものを当日持って、それに沿って自然にガイドされていましたが
まだその余裕はないです。

下見に行く。
団体の場合だと、目的地についてどのようなルートで案内するかが重要です。
今回も先輩ガイドさんが下見に行くと言われていたので一緒についていきました。
そこでここから入ってこう回って~というアドバイスを頂き、それをシミュレーションできるようにしておきました。
集合場所に関しても、各自バスに帰ってもらうのか、駐車場が遠い場合はエントランスで待ち合わせして
みなで一緒にバスで向かうのか。。。など細かいところまで最初に決めておかないと迷子が出る可能性があります。
その辺りの配慮が足りなかったと反省。次回は常に意識しながらやりたいと思います。

行ってみないと分からない景色や情報が沢山あるので、気づいた事をすべてメモ。
帰ってから調べる。バスでの話題のネタにする。目的地について案内できる内容は限られているので
付随情報はすべてバスの中で言っておく。

③バスの中で話す内容を考える

私にとってこれが一番苦手です。というのも、普段人前で話す機会もないし、自分に注目が集まるのがすごく嫌ww
なのです。まだ車窓を説明するときは皆の視線が外に向くのですが、特にこれといった景色がない場合
皆さんこちらを見てくださる。(そら当たり前ですよね)こういう時に何を話すか、沢山ネタを仕込んでおかないといけません。

基本的には、
挨拶→簡単な自己紹介→鹿児島の基本情報(合間に車窓風景を説明)
その後は、これから行く訪問先にまつわる知識(歴史・食べ物など多岐にわたる)

今回用意していった中で反応が良かったものを挙げておくと、

●日本・鹿児島に関するクイズ(3択にして答えてもらい、答えに色んな解説を加えるとけっこうな時間稼ぎになる)
観光をすべて終えてから、帰りのバスでクイズをしたのですが、これでけっこう盛り上がりました。
私の場合、最初に緊張してしまい、バスの雰囲気も固くなるので、クイズを最初に持ってきても良いなと
思いました。最初に良い雰囲気を自分で作れると、その後のトークもリラックスして出来るかなと。

●七五三の説明をして、実際に去年娘と息子が七五三をしたときの写真集を持っていきました。
その写真集を皆さんに回覧(笑) 日本人だと、人の七五三の写真を見せられても、あー良かったねーで
終わりますがw 外国人の皆さんには興味深かったようで、写真を携帯でとって孫に見せるよ!!など
反応は良かったです。高いお金出して写真集作った甲斐があるってもんです。

今回観光先で、小さな子供(2,3歳)がベンチでアイスクリームを食べていたんですよね。
それをゲストの方たちが、バシャバシャ写真撮りまくり! は~。こういうのが良いのね。と新たな発見。
私たちにとってはフツーの日常が意外にウケたりするのが面白いです。

●訪問先に知覧武家屋敷が入っていたので、侍についての話題を用意。
侍とは何か、侍の給料、一日のスケジュール、服装、食事など
侍についてのトリビア的な話をしました。

お一人、なんで侍はちょんまげなの?という質問をされ、え!!!とフリーズしてしまいましたが
後から調べてお伝えしました。「なんでちょんまげ?」という発想は私もなかったので焦りましたが。
確かに不思議ですよね、あの髪型。根本的な質問を常に調べておかないといけないなと思いました。
*ちなみにちょんまげの由来も色んな説があり、説明しやすいものを用意しておけば良いと思います。


話す内容は、ガイドさんによって色々だと思いますが、
まずは訪問地の基本情報・見るべきものを網羅した後で、自分なりのプラスアルファを足して話していきます。
ガイドブックに載っている情報を知っているのは当たり前で、それ以外に何を伝えられるのかが
ガイドの良しあしを決めるのかなと感じました。

今回ご一緒した先輩ガイドさんに色んなTipsをもらいました。
メモも見せてもらったのですが、その中に 「おはら祭り」の歌詞が書いてありました。
おはら祭りは、毎年11/3に行われる南九州最大の鹿児島のお祭りです。
ちょうど去年、子供と一緒におはら祭りに出て踊りました。
おはら節という歌に合わせて踊るのですが、公民館の練習に3回ほど出て練習したので
街中でおはら節が流れると、無意識に体が動くレベルで踊れるようになりました(笑)
こういう身近な体験も話のネタになるんだなぁと、他のガイドさんの話で気づかされたり。
もっと色んなガイドさんのお話を聞いてみたいなぁと思いますが
なかなかそういう機会はないですね。もう少し余裕ができたら、そういう出会いを求めて外に出たいなと思います。

改善すべき点ですが、やはり添乗業務になれていないというところが大きいです。
旅程管理主任者の資格、とった方がよさそうです。ちょっと調べてみよう。

以前にも「私なりの準備の仕方」というエントリーで記事を書いています。
これを書いてから1年半。少しずつですが、成長できているのか?と自分で自分を褒めてみます(笑)

今回ガイドの練習は、DMMに入会して10日間ほど毎日やっていました。
自分で書いた英語ブログの記事で写真を見ながら説明していく。というやり方にしました。
これだと、相手に先にこれから話す内容を送っておくことも出来ますし、写真もあるのでイメージしやすく
なかなか良い方法だと思いました。
少しずつですが、英語記事も書いていますよ~。
Explore Japan

ということで、亀の歩みですが、これからもコツコツ頑張っていこうと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

準備頑張っておられますね。

お久しぶりです。
ガイド準備頑張っておられますねv-392
まじめないんこさんの準備ぶりに頭が下がります。
回を重ねる毎に上手になっていかれるんだろうなと
思います。経験していくことが一番ですよね。

外国人の方は思いもよらない質問をされるかと思います。
いきなりの質問への対処は大変ですね。v-12
でも子どもさんのアルバムとは!貴重なものを持参しておられたんですね。
でも着物を着ている子どもは可愛いし喜ばれると思います。
京都でもレンタル着物着て歩いている人多いじゃないですか。外国人の方勝手に写真撮ってますよね。

私もガイド試験の勉強を再開しました。
今回は地理のみですが、2次に行けることを期待して
300選を覚え始めています。いんこさんでもこんなに
頑張っておられるんだから、基本くらい覚えろ私!と
思いました。
でも英語で説明してあるほうが、わかりやすい
事もあり、ほーそうなのかと思える発見もありますね。

それと前の記事の作り置き野菜おかずレシピ本私も
買いました。とてもいいです。アイフォンでカラーで見れるし。
作りやすいレシピだし。私もこの4月からお弁当生活になりまた勤務時間も長くなり(今日は休みですが)なんとかせなあかんと思ってたところでした。ありがとうございます。

Re: 準備頑張っておられますね。


shizukuさん

お久しぶりです!!お元気でしょうか☆

ガイド試験に向けていよいよ準備されてるんですね。地理のみなら集中して勉強できますね。
パスして二次試験是非がんばってください!!!
二次試験で勉強した語句や内容はやはり実践でも役に立つので
無駄にはならないと思います。京都も観光客であふれていますし、
ガイドの需要もたくさんありそうですよね。
私も300選、今でも見直したりします。
実際に説明するとなると自分でもっと情報を付け足したりしないといけませんが
概要を説明するには良いですよね。
今は「英語で日本を説明する」系の本が増えてきましたよね。
本屋さんで見てると全部欲しくなってしまいますww

準備はまだまだ要領も悪く時間もかかります。
やった分だけ身になっていると信じたいですが。。。
こればっかりは普段の地道な努力も必要ですね。

作り置き本、買われたのですね♪私も毎日のように眺めては冷蔵庫ゴソゴソしています。
お弁当を作るときも便利ですよね。詰めるだけのおかずが数種類あれば良いですし。
少しずつですが料理も効率化していきたいです!
shizukuさんも4月からまた忙しくなられたとのこと、
体に気を付けてがんばってくださいね♪

No title

いんこさんは目標がハッキリ定まっているので、そこに向かって突き進む!という姿が眩しくうらやましいです。そしてちゃんと準備と反省をしているので、成長が早そうです!!!

クイズをするのはいいアイデアですね。受身にさせておくと、確かにお客さんの注意はそれてしまうし、巻き込んでいくというのが一番いいのでしょうね♪

外国人が興味をもつところって確かに意外なところが多いですよね。難しい歴史なんかよりも、もっと基本的なこととか日常に関することなんかに着目するのかもしれないですね。

また機会がすぐにあるといいですね!

Re: No title


Milkさん

毎回反省ばかりで終わったあとは、しばらくやりたくない。。と落ち込むんですが
すぐ忘れる性格がまた次やりたいと思わせるようですww
一人反省会、やはり必要ですね。次回に生かせるように記録として残しておこうと思います。

そうなんです!クイズは向こうも積極的に参加できるので
一方通行でしゃべるより私も気が楽です。
ゲストもレクチャーを聞きにきたわけではないので
できるだけ楽しい雰囲気を作りたいですよね。

そうそう、最初の自己紹介で、海外ドラマを観るのが好きですと言った後、
ダウントンアビーがお気に入りですって言ったら、カップルの女性ほぼ全員が私もよ~と
うなづいてくれましたwwやっぱり不動の人気ですね☆

基本的な歴史も入れつつ、日本のリアルな生活や流行なども紹介できるのが
一番理想だなと思います。まだまだ修行が必要ですね。

No title

出遅れましたが、記事読ませていただきました。
すごく参考になる記事ですね。
添乗員の資格をお持ちの方だと、下見は行かないらしいです。日本の添乗員は行ったことがないところでも行っちゃうみたいです。それが現状なのだとか。
添乗の資格を所持している方だと、添乗して日本人をお連れしつつ下見をするという方もいらっしゃいます。
そんな話を聞いてびっくりしました。
私も下見は必須だと思っていたので日本の添乗員ってそうなんだと思いました。直に聞いた話なので真実だと思います。
でも、いんこさん頑張っていますね。私も頑張ります。

Re: No title


Sunnyさん
こんにちは。参考になると言っていただけて嬉しいです。
下見に行かないガイドさんもいらっしゃるようですね。かなりベテランの方で自信のある方じゃないと
出来ないですよね。添乗員の資格を持っていても、現地で気づくこともあるだろうし
やはりいきなり行くのは私には無理です(笑)
日本人を連れて下見。。。というのも慣れた人じゃないと下見にならないような気もするしww
色んなやり方があるんですねぇ。

添乗技術というのはちゃんと勉強したら今よりもだいぶマシになるだろうし
やはり勉強する価値がありそうですね。
ぜひ取りたいと思っています☆
Sunnyさんの活動内容も知りたいな~ww また色々教えてくださいね!

いんこ

2008年通訳案内士、2012年英検1級、2013年TOEIC980を取得。6歳・4歳の子供たちの育児をしながら、英語学習をコツコツ続けています。