エッセイ対策 その1



6月9日は、英検ですね!
受験される方は今追い込みの段階だと思います。


うちの母も今回初めて準2級を受験します。
昼休みや仕事終わりに、近くの図書館で勉強しているようです。


なんとか受かってほしいなー☆
母の弱点は語彙の少なさです。
毎日新しい単語を繰り返し覚えています。
最近は自分で工夫しているようで、iPhoneのボイスレコーダーに
自分で日本語→ポーズ→英語 の順で覚えたい単語を吹き込み
ウォーキングや移動の時間にイヤホンで聞いているようです。
これはとてもいい方法だなーと思いました。
スキマ時間も利用できるし、ポーズを入れる事で
思い出す時間(←ここが大事!!)が出来、頭を働かしながら
単語を覚えることができますね。

来週の日曜日に向けて、受験するみなさんもがんばってくださいね!


という訳で、
今回は久しぶりに英検1級勉強法のエッセイについて。

英検1級に限らず、英作文やライティング練習をする機会はあると思います。
ライティングは苦手。。。という方も多いんじゃないでしょうか?
私も英検を受ける前は避けてきたところです。

が!!Milkさんも書かれていましたが、英作文の勉強は英語力向上にとても効果があります。
話すときに、いつも同じ言い回しや構文を使ってしまう。使う語彙が限られている。
順序立てて話すことができない。などの悩みを持たれている人は、
英作文やライティングの勉強をすると、自分の話す英語が変わってくると思います。



私が英検のエッセイの勉強をするにあたり最初に買った参考書はこちら。


CD2枚付 竹岡広信の 英作文が面白いほど書ける本CD2枚付 竹岡広信の 英作文が面白いほど書ける本
(2009/04/10)
竹岡 広信

商品詳細を見る



これは大学受験用の参考書ですが
この参考書を全部やりきると、幅広い構文と表現が身に付きます。
使える構文60個と、頻出表現が67個が載っています。
それらは、新聞などを読んでいてもよく出てくる表現で、
時には日常会話でも使えるものも含んでいます。
実際の大学入試で出た問題を抜粋があり、英作文問題を解いていきます。
付録には練習問題がついているので、かなりのボリュームですが
やった後には、文章を書く力が上がっていると思います。


少しフォーマルな表現が多いかもしれませんが、英検のエッセイには向いている
表現だと思います。この本でまずは自分が使える表現を増やし、
その後エッセイの書き方について勉強しました。

エッセイの書き方については、また次回近いうちにアップします!









スポンサーサイト

コメント

買いましたよ!

皆さんから英作文は良いですよと言われてやらないわけにいかないので、買いました。(教材マニアだし)
この本の原則をとりあえず1週間に一つ進めます。
進め方は、原則にあった表現を使ってessayを書いてそれをA&Aの先生にcorrectしてもらう形です。今日から始めましたが、比較的ストレスがなく、書けました。
今日はmore and more とfewer and fewer を使って、英語学習は増えているけど、留学生は減っていて、政府は英語の能力を向上させるために・・・というような事を書きました。日記を書くよりニュースとかから話しを拾えるので、自分には合っている感じがします。少し慣れたら、論理を意識して書いてみたいと思います。
またESSAYについて教えて下さい!

2013/06/02 (Sun) 21:41 | Hiroshi #- | URL | 編集
さすが!

Hiroshiさん

コメントありがとうございます☆
この本、購入されたんですね!
実際に知っていても、自分では使わない表現を
自分のものにしていくにはぴったりのやり方ですね!
私もこの原則の表現を意識してエッセイの練習の時に使いました。
だいぶ表現の引き出しが増えましたよ。
私も日記よりも、新聞などからの英借文で
文章を考えるのが好きです。
エッセイ対策、その2も書きますね!

2013/06/04 (Tue) 22:09 | いんこ #vm6DBcO. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する