エッセイ対策その2


エッセイ対策について、その2を書いていなかったので
勢いで今日2本目の記事を書いちゃいます!


前回、英作文のテキストを使って、自分の表現の幅を広くしておく。
という話をしました。

今回はエッセイの書き方について。
これは、英検1級の二次対策にも通じるところが大いにあると思います。


1級のエッセイは、
①一つのトピックが与えられ、3つのポイントを入れながら意見を書く。
 ポイントは6つの選択肢から3つ選ぶ。
②全部で200ワード以内におさめる。
③3つ以上のパラグラフで構成する。

の約束事があります。この約束事を守って、論理的に書くことが大切です。

トピックは、新聞の時事問題から出ることが多いです。
例えば、日本の少子化、環境問題、移民問題、メディア、国際問題 など
あらゆる分野から出題されるので、日ごろ新聞をよく読み、それについて
自分なりの意見を持っておくことが大切だと思います。

ここについては、以前の記事「二次対策その2」の内容をお読みくださいませ。
二次対策とエッセイ対策は、ほとんど同じだと思います。
ですので、エッセイ対策をきちんとしておく事で、二次対策がとてもスムーズに
準備できると思います。

二次の面接では、1.イントロダクション 2.ボディ2つ 3.コンクルージョン で構成していた
スピーチですが、エッセイでは、ボディのパラグラフを3つ書くと、全体的に200ワードの
エッセイになります。

イントロダクションでは、まず自分の立場をはっきりさせておく。
そのトピックセンテンスに対して、賛成か反対か。
読み手が、「で、結局どっちやねん。賛成なんか?反対なんか?」と
イライラするような書き方はやめましょう。
嘘でもいいから、YesかNoかはっきりしてください。
まず最初に自分の立場をはっきりさせて、その背景知識を付け加える。
そして、それには3つの理由があると明記しておく。
そうすると、その後続く3つのボディパラグラフが続けやすくなります。

その後
ボディパラグラフ①

ボディパラグラフ②

ボディパラグラフ③

と続けていく。①、②、③の各パラグラフには、与えられた6つのポイントキーワードから
3つ選んで、一つずつ入れこんでください。そして、イントロダクションで述べたように
自分がイエスまたはノーと考えた理由を一つずつ書いていきます。
キーワードが与えられているので、それを使って理由を書けば、ゼロから書くより書きやすいと
思います。
ボディパラグラフでも、最初にトピックセンテンスを書き、
それを支える根拠、具体例を2、3文続けます。そして最後に、最初のトピックセンテンスを
別の表現で言い換えて(パラフレーズ)終わります。
これを3つ作るとボディが出来上がり。

最後はコンクルージョンです。ある意味、締めのことば。ですね。
このような理由で、私は~に賛成(あるいは反対です)(イントロダクションで言ったこと)
と繰り返します。その後は、今後の課題・展望などに軽く触れ、それらしくまとめます。


この構成、約束事を守っていれば、極端に悪い点数をつけられないと思います。
私は2回受験しましたが、どちらも28点満点中20点くらいはもらえました。

このエッセイに関しては、慣れが大事だと思います。
受験する2か月前から、週に1本エッセイを書き、
オンライン英会話の先生に添削をお願いしていました。
書いていくうちに、だんだんとコツも覚えていきますし、
出来るだけ沢山の表現を使いたいと、記事の中の表現を英借文したり
辞書で調べたり。。。とスピーキングでも効果がありました。

ということで、長文になりましたが、少しでも参考になれば幸いです!











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する