運用語彙を増やす。

英語学習
07 /14 2013

最近、生徒さんのお一人と語彙強化のレッスンをしています。
そのレッスンを通して、私も色々と気づいたことがありますので
ボキャブラリー強化について書こうと思います。


私たちが勉強する語彙には2種類あると思います。

一つは運用語彙(active vocabulary)
もう一つは認識語彙(passive vocabulary)

運用語彙は、見て分かるだけでなく、自分が会話の中で使える単語ですね。
それに対して、認識語彙は、聴いたり読んだりするときに意味が分かる単語です。

当然ですが、運用語彙のレベルは認識語彙のレベルより低くなります。
実際に知っている単語を使える単語にすることが
スピーキング能力を上げることにつながります。

私自身、もっと運用語彙を沢山身に着けたいと思っています。
英検1級受験で、難しい語彙を覚えてPBや雑誌を前よりはスムーズに読めるように
なりましたが、実際に会話で使える単語はまだまだ限られています。

今生徒さんと一緒にやっている語彙強化の取り組みで
私自身が色々と学ばせてもらっています。
一つの単語集を元に、使えるようになりたい単語をコロケーションで覚えてもらう
ようにしています。
例文は長いので、その中のフレーズごとに覚えてきてもらい
レッスンで日本語→英語 のクイックレスポンスでテストをします。

日本語を聞いて、それに対する英語をすぐに言う。
これに慣れていくと、実際の会話の中で、覚えた単語が口からパッと出てくる
ようになります。
それは私が実際にオンラインレッスンでフィリピン人の先生と話している時に
経験したのですが、生徒さんにテストしたフレーズをそのまま使ったり
アレンジして使ったり出来ることがあるのです。

英語を英語のまま理解し、話しているときも英語脳になっている方は
スムーズに発話できると思うのですが、
大抵の場合、言いたいことを日本語→英語に直しながら話している人が
多いと思います。小さい時から英語環境で育つというバイリンガルでない限りは
日本語がやはり頭の中にありながら、英語に即座に変えていくという作業が
行われています。

その時に、どれだけ日本語→英語の表現がストックされているかが大切になります。
それは単語単一で覚えているとなかなか組み合わせて離せませんが
フレーズ毎(コロケーションを意識して)に覚えると
会話の中に組み込みやすいですね。


語彙強化のレッスンは、レベル別にも出来るので
使っている単語集をこちらに載せておきます。

データベース3000基本英単語・熟語データベース3000基本英単語・熟語
(2007/12)
桐原書店編集部

商品詳細を見る



データベース4500 完成英単語・熟語データベース4500 完成英単語・熟語
(2008/12)
荻野 治雄

商品詳細を見る












スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いんこ

2008年通訳案内士、2012年英検1級、2013年TOEIC980を取得。6歳・4歳の子供たちの育児をしながら、英語学習をコツコツ続けています。