通訳案内士 二次試験対策その1


今回は通訳案内士二次試験について。


2013年度の試験予定としては

11月15日が一次試験の合格発表で
12月8日が二次試験となっています。

一次合格が分かってから二次試験まで時間があまりないですよね(汗
私の場合は、受験一年目は一般常識だけ落としたので
一年後の次の試験までは、一般常識と二次試験の対策に
時間を費やすことが出来ました。
ですが、一次を一発で合格し、そのまま二次試験を受けられる方には
準備時間が短い!!ということで、
私なりに、どのように準備をしたらいいのか考えてみました。



まずは基本的な事ですが、二次試験の概要を見てみます。
今年から二次試験の形式が変わるようです。

詳細はこちらを参照。

平成25年度口述試験について

1.試験時間は全体を通じて8分程度とする。



2.口述試験の進め方は以下のとおりとする。

①受験者は、試験委員が日本語で話す内容を受験外国語で通訳する。
試験委員:これから私が日本語で話す内容について、外国人観
光客にガイドをするつもりで受験外国語を用いてお
話しください。配付した用紙と筆記用具用いてメモを
とっても結構です。

(例題)浅草は、江戸時代から演劇でにぎわう歓楽街でした。
浅草寺は、雷門にぶら下がる大きな提灯が有名ですが、
仲見世と呼ばれる商店街と共に象徴的な観光地点とな
っています。


②受験者は、日本語によりテーマが書かれた配付された3つのカードから、30秒以内にテーマを1つ選択し、外国語でプレゼンテーションを行う。
試験委員(日本語で):配付されたカードの中からテーマを1つ選
択し、そのテーマについて受験外国語で2分間程度
でお話しください。


(例題)1.京都の地理・地形・気候について。
2.日本歴史の観点より、日本の首都について。
3.一般常識の観点より、日本の人口構造について。



③試験委員は、②の内容について受験外国語で質問を行い、受験者は受験外国語で回答する。


以上 JNTOのホームページより引用。


新形式の口述試験ですが、
おおまかに言うと

①日本語で読み上げられた文章を通訳すること。

②トピックが書かれた3枚のカードから1枚を選択して
 それに関する2分間のプレゼンをする。

③ ②のプレゼンに対する質疑応答


となっています。

例年の試験形式とは大きく異なっています。


2012年までの形式(私が受験した2007年も含む)は、

試験委員(外国語)が、2、3個投げかけて
受験者がそれに対する答えを外国語で答える。

最後に日本語の試験委員が、日本語の質問を一つするので
それに日本語で答える。


というシンプルなものでした。

ちなみに2012年度受験者アンケートから
どのような質問が出たかをまとめてみました。

質問されるジャンルを大きく4つに分けてみました。

A.日本人の生活・習慣・伝統文化について

 ①なぜ日本人はそんなによく働くのか
 ②日本にはチップの習慣がないのはなぜか
 ③日本では、物事を直接はっきりという事は失礼にあたるのか
 
 ④日本人にとってクリスマスとはどんなものか
 ⑤神社と寺の違い・神道と仏教の違いについて
 ⑥盆踊りとは何か
 ⑦忍者と侍の違いは何か
 
 ⑧OMOIYARIとは日本人にとってなぜ大事なのか

 など。

B.日本社会について

 ①日本にいる外国人割合について(どの国が一番多いかなど)
 ②1980年代と今の日本の経済の違いについて
 ③日本人特有の「和」harmonyはどこから生まれるのか
 
 ④日本の交通機関について教えて
 ⑤日本では新聞の購読数が世界でも一番だといわれるがなぜか
 ⑥なぜ英語を話す日本人が少ないのか
 ⑦今日本で一番問題になっていることは何か

C.日本の歴史問題について
 
 ①徳川時代が終わったのはなぜか
 ②江戸時代と明治時代どちらが好きか
 ③明治維新について教えて

D.日本の観光地について

 ①川越はどんなところか 何で有名か
 ②日本には多くの山があるがなぜか
 ③富士山はとても有名だが、ほかの山についても教えて
 ④琵琶湖以外では、どこの湖がおすすめか
 ⑤花火を見たいがどこで見られるか



これらの中からジャンルが重ならないように、
大体2、3個の質問をされます。
受験者の答えが短かく、時間が余るようなら質問があと一つ、二つ
増える場合もあります。
逆に答えが長い場合は、途中で話を切られて、別の話題を振られている
という例もありました。

今年から新形式になるとは言え、
質問内容の傾向はそこまで変わらないのではないかというのが
私の予想です。

ですので、去年までの質問群をカバーすることが
対策する上で大変参考になると思います。

記事が長くなってきたので、ここらで一旦切ります。

その2へ続く。。。

スポンサーサイト
Category: 通訳案内士

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する