食べるために書くんじゃなか。書くために食べるんじゃ。


意味不明なタイトルから始まりました。

昨日の「八重の桜」に出てきた徳富蘆花役のセリフです。

ここ最近、モヤモヤしていまいした。
1週間前に突然始まった副鼻腔炎で、頭がボー。。。
ってこの体調的なモヤモヤもあるのですが、
英語に対する自分の姿勢についてモヤモヤ。
軸もブレブレ、すべてが中途半端で集中出来ない1週間でした。


今やっているサイマルの通訳講座ですが、
内容はとても面白いのですが、なんせ現場のビジネスシーンを題材にしているので
その分野の英語が全然口から出てこない。
やはり背景知識や経験はとても大事です。

その分野の単語やフレーズをインプットすれば
日→英の訳をするのもまだマシになるだろうと
色んな書籍を見に行ったりもしたのですが。

そんな本を見ているうちに、今の自分の生活とのギャップを
すごく感じてしまいました。
これを今全部頭に入れたところで、
直近でこれを使う機会はないわな。
それって意味あんのかな。

なんていうネガティブ思考がじわりじわり。
こんな事するより、今中途半端になっている
親子英語の方にもっと力を入れた方が
自分の今の生活に合ってるんちゃうかな。
と思ったり。

でもそれだけやと物足りひんのやな。
じゃあ、こないだ引っ張り出してきた
ガイド用語をもっとインプットしてみよかな。
いや、またそれしたところで今はガイドの仕事を
出来る状態でもないよな。

通訳講座に添削してもらう宿題もついてるのに
何も努力せずにそれを提出したら
もったいないやないか。
せっかくお金払ってんのやから
全力で取り組まなあかんのちゃうか。

などなど、完全にジレンマのループの中を
ぐるぐるさまよっていまいした。

学習の軸が定まらないと、あれもこれもという
浮気の気持ちが生じてしまうんですよね。
それで、すべてが中途半端になってしまう。

直近のゴールを定めてそれに向かって勉強する
タイプの自分に、今は明確なゴールが見えないのだと思います。


そんな中、見ていた大河ドラマに出てきたセリフが
私の心に響きました。

小説家を目指している徳富蘆花に、八重が投げかけたのが

「小説で食べていけると思っているのか?」という質問。

徳富蘆花こう返しました。

「食べるために書くんじゃなか。書くために食べるんじゃ。」


この言葉が、ずっしーんと響きました。

私が最近ずっと思い悩んでいたのは、

将来少しでも仕事につながるように(お金になるように)
勉強の内容を考えなくてはならない。
子どもがもう少し大きくなって、時間に余裕ができ
働けるようになったときに、少しでも実用的であった方がいい。

その思いが強すぎて、今やっている事=わかりやすい結果 の図式を
期待していたのだと思います。
今やっている英語の勉強そのものが好きでやっている事を
忘れかけていたような気がします。

来年から働く。などの切羽詰った状況でもないので
もっと今の英語の勉強を楽しむ。という事を意識しながら
それまでの時間を有意義に過ごさせてもらわないとだめだなと
思います。

英語で読書するも良し。
親子英語も、無理をせず子供の様子を見ながらやるも良し。
通訳講座は、せっかくの機会を逃さず全力でやるが良し。

色んな英語を並行して、目の前にあるものを楽しもう!
という気持ちになってきたところです。

「結果はあとからついてくる。」

亡き父がいつも言っていた言葉です。


好きという気持ちを忘れてしまうと
すべてが苦行に思えます。
好きという気持ちを大事にして
毎日過ごしていこうと思います。

「食べるために英語するんやない。英語するために食べるんや。」

なんて、ところでしょうか。
スポンサーサイト
Category: 英語学習

コメント

好きなことを出来る幸せ

選べる選択肢があるのは幸せですよね♪
「やらなくても良い」というチョイスが無い人もたくさんいますよね。せっぱつまらないと出来ないというのは、確かにそういうときのほうが「火事場のバカ力」が出るとは思いますが、それはそれでストレスかかって大変でしょうね。

でも私のように、たいていの「せっぱつまらないと出来ない」というのは言い訳ですよね。(←ガイド試験1次は正に言い訳でしたし・・・)

来年から通訳ガイドで働きたいという訳ではないですが、自分の肥やしになるように頑張ります!!!

「食べるために英語するんやない。英語するために食べるんや。」←関西弁(?)でいうと、また何か、とっても良いですね!

2013/11/18 (Mon) 14:52 | Milk #- | URL | 編集
迷子

立ち位置が分からなくなった時にいつも見るのはこれです。
ブログでも書いたりしているので、ご存じかもしれませんが、
ジョブズのスタンフォードのCOMENCEMENTです。
http://www.youtube.com/watch?v=UF8uR6Z6KLc

私は迷子の比率が高いので、100回近く見ているかも。
何度も救われています。
いつかDOTは繋がるから、好きな物を自分の魂の赴くままやれば良いのだと教えてくれます。

一緒にこれを見ると更に良いです。
NHKのドキュメンタリーです。50分です。
スピーチを聞いた卒業生のその後です。
http://www.pideo.net/video/youku/b878386807faec3b/

ではでは

2013/11/18 (Mon) 21:54 | Hiroshi #ncI1IBmc | URL | 編集
No title

わかるわ~。この気持ち(爆)
まさに同じ。


デモさ。。最近悟ってきたのよ。あきらめてきたのもある。年齢的に。自分の環境と。

いんこさんはまだ若いから、「子供が手がかからなくなったら」なんとかなる可能性があるしね。
その時に本当に英語を使って働く方向性が見えてきたときに「火事場の馬鹿力」で集中的にやったらええんちゃう(爆)

今は英語を楽しむ、がつがついろんなこと取り込むっていうのもいいかもやん。

それができる余裕(絶対働きにでないといけないとか、それも英語を使った仕事を選んでる場合じゃない状況とかではない)
がありがたいわけで。

てことで、私は興味が向くまま、いろいろやってます(爆)

お互い英語を「高いレベルで」楽しんで取り込んでおきましょう~(笑)

2013/11/19 (Tue) 23:24 | 大阪の主婦 #- | URL | 編集
ありがたや。

MILKさん

まさにその通りだと思います。
この記事を書いて読みかえしていたら、贅沢な悩みだな。
と思いました。誰に頼まれるでもなくやっている好きな勉強なので
やはり恵まれた環境にいるんですよね。
その反面、やらなければならない状況で崖っぷちでやっている時の方が
身になっているなというのも感じます。

どちらになっても、結局ないものねだりなんでしょうね(笑
今の環境で、出来る事、好きなことを存分にやろうと思います!

最後のことば、関西弁に変えてみました。
ええ感じでまとめたぜい。と自己満足。(笑)

2013/11/20 (Wed) 11:16 | いんこ #- | URL | 編集
深いですね。

Hiroshiさん

動画のリンクありがとうございました。
Hiroshiさんのブログでよく見かけたスピーチで、
たまたまiPhoneに入れていたリスニングアプリのサンプル動画でも
あったので、何回かは聞いていました。
ですが、今迷子の状態で聞くと、言葉がずしんずしんと響いてきます。
今の私に刺さるのは、connecting the dots の話ですね。
5年後、10年後、15年後というスパンで、今自分のやっている事が
つながっていけばいいんですよね。


卒業生たちのNHKのドキュメンタリー見ました。
すごく良かったです。
私がよく日ごろ感じていることが、
もうこの世にはいない人の言葉が、
今生きている人間の人生を導いている事が多々あるという事です。

まさにこのビデオを見て、ジョブズの言葉が今もなお
ずっと卒業生たち(だけでなく、多くの人たち)の心の中で生き続け、
どちらへ進むべきか道しるべを示しているのですね。

2013/11/20 (Wed) 11:31 | いんこ #- | URL | 編集
Re: No title

大阪の主婦さん

共感してくださってありがとうございます。
「高いレベルで」ここがポイントでしょうか☆
ある意味、割り切り、あきらめも必要なんでしょうね。
仕事につなげたい!という気持ちがあっても
実際に通訳講座を受講しても、入門編なのにボロボロです。。。
プロの方と自分との差をものすごく感じます。

なんか中途半端なんですよね。英検1級取る前は、取ったらものすごい
英語力がつくんではないか?と思ってましたが
取ったら取ったで、その次目指すもの(たとえば翻訳・通訳)までの
距離が遠すぎて。そんな甘いもんちゃうぞ!と言われている感じです。

今はこのありがたい環境に甘んじて、
好きなもんさせてもらいます☆夫にもっと感謝すべきですね(笑
主婦さんも、仕事としての英語はむずかしくても
医療英語に取り組んだり、全然あきらめてはらへんと思います。
私も現状維持を目指して楽しみながらがんばります!

2013/11/20 (Wed) 11:40 | いんこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する