Painless Writing 読了。

今日は何も予定がない日。
久しぶりに大型スーパーへ買い物にでも行こうかなーと思っていたのですが、
昨日届いたカードの請求書を開くと、目ん玉飛び出るほどの金額(おおげさ)だったので
今日はどこにも行かずに家の用事をすることにしました(汗)

3月に買った娘の学習机とフルーツフルイングリッシュのチケット代が今月請求だったようです。。。
これも、神のお告げと思い(笑) 給料日までなんとかしのぎます!!



そうそう。
あの噂の息子のクラスの「ザ・オオサカ」ママの続報。(誰も待ってないとは思いますがww)

あまりの個性の強さになかなか他のお母さん方も話しかけにくい事を担任の先生も気づいていたのか
昨日クラス役員の一人のママに先生からお願いがあったようです。

先生:〇〇さんは、中国人なんです!!大阪から引っ越しされてきたこともあり、
    鹿児島の風習に付いていけない事もあるようで、役員さんからもクラスの輪の中に入れるように
    積極的に話しかけてもらえますか?

というように言われたようで、役員のグループラインに、みなで話しかけましょうという呼びかけが
来ました。皆からは「ビックリしたけど話しかけてみます!」みたいなレスポンスがあったのですが。。。

まず、先生、オオサカママは中国人じゃないと思うんですが。。。
私が話したときに、「うちのお母さん、キムチ屋やってんねんかー。」
と言っていました。そして実家は鶴橋というコリアンタウン。この情報から在日韓国人の方だと思います。

でもその情報って要るんでしょうか?大阪出身で鹿児島に慣れてないから。という説明だけで
良かったんじゃないかと。なんか先生の間違った情報(たぶん)で、やたらオオゴトにされて気の毒だな。
という印象を持ちました。特別視される事で余計居心地悪くならないかとちょっと心配。

先生の一生懸命さは伝わってきたのですが、個人情報についてはもっと慎重に。。。と思いましたね。
あまりそこまで心配しなくても、そのうち慣れてきたら皆で楽しくできるだろうし
一人の方が気楽な人だっていますしね。色んな人がいてええじゃないか~。

さて、前置きが長くなりましたが、英語の話。

時間があったので、放置していたライティングの本を最後まで読み終えました!!

Painless Writing

いやー、この本、良かったです!!
チャプターが9つに分かれていて、シンプルで分かりやすい文章を書くコツが沢山書かれています。
これらをすべて実践できたら、確かにかなり良いライターになれるでしょう!!
一通り読み終えて、理解はしたので、あとは実践あるのみ。


この本で勧められているのが、自分が書いた文章を見直して、この本に書いてあるmethods通りに書かれているか
チェックすることです。そうして自分の書いた文章を自分で添削することで、文章が磨かれていくのですね。

フルーツフルで添削してもらったものをもう一度読み直し、自分でリライトしようと思っています。
もっと今ある自分の教材や素材を何回も利用しないと損だな。と今気づきました(笑
あせって講座を色々探していましたが、まずは今すぐにやれる事を先にやってから
新しい事に挑戦することにします。








玄人と素人のあいだ。。。


タイトル、「冷静と情熱のあいだ」 みたいな感じで読んでくださいww
この映画好きだったんですよねぇ♪ 竹ノ内豊、かっこよかった☆
って何の話や。と思われているかもしれませんが。


実は、先月末ある日英翻訳の通信講座の選抜試験にトライしていました。
ビジネス英訳

見ていただいたら分かるんですが、フェローのマスターコース!!!
基礎コースも受けたことないのに、いきなりマスターにトライして
どんだけ身の程しらずやねん!とおしかりを受けそうですが、
内容がとても魅力的で、受かったらラッキーみたいなノリで課題文の提出をしました。


そして、今日結果が返ってきたのですが、

評価 C

結果 補欠合格


・・・・・。補欠合格。中途半端やけど、まだ可能性はある?!?

合格者にキャンセルが出て繰り上がり受講できる場合は、1週間以内に連絡があるそうです。
うーん。。。微妙やな。私以外にも 評価Cの人は沢山いるだろうし、一人キャンセル出たくらいで
繰り上げになるんだろうか。とあきらめていますが、とりあえず期限までは待ちたいと思います。


合格者内訳が書いてありましたが、

B+

B-
C+

の人たちが受講できるようです。

やっぱり、レベルが違うなぁと痛感しました。
講評には、評価で一番重視したのは、
どれだけ「こなれた英語」が書けているか。英語をどの程度「自分の言語」として
違和感なく書けているか? らしいです。

「自分の言語」どころじゃないですね、まだ。私にとったら英語はまだまだ異国語。
ワードチョイスや、コロケーション、リズムすべてにおいて「勉強している言語」のレベルにいるので
やはりもっと英文を大量に読むことの必要性を感じました。

が、ただがむしゃらに多読していても、表現が増える訳でもないと感じています。
日本語と英語の対訳で、一つ一つ精読し、それを表現集にしてまとめていく。など
工夫が必要ですね。でも気の遠くなるような時間がかかりますね、このままでは(汗

この講座の受講は希望薄なので、他にも色々調べてみました。
その中で気になったのがこちら。

サンフレア・アカデミー 「日英の基本Ⅰ」

価格も比較的リーズナブル。添削も8回ついているし、質問もできる。
資料請求してみようと思います。

タイトルどおり、玄人と素人のあいだには、ものすごいギャップがあるようです。
ここで諦めるか、続けるかで、今後の人生が変わりそうですね(大げさww)
とりあえず今日は、課題の訳例と自分の訳を比べてそのギャップを味わうとします。


強烈キャラの登場。


おはようございます。
今日は久しぶりの晴れ! 朝から洗濯機フル稼働です。
先週は、親子遠足、参観PTAと忙しく過ごしていました。

今年度から、息子のクラスにけっこうな強烈キャラのお母さんが入ってきました。
見た目も若くて目立つんですが、先日の自己紹介の時の第一声が、
「めっちゃ緊張しますよねー、これ。」とバッリバリの大阪弁。

うちの幼稚園で関西人というのは私くらいなんですが、
このイントネーションを聞いて「来たー!!!」と思いました。
見た目、しゃべり、ともにザ・オオサカ(すいません、大阪のみなさま、主婦さまww)で
かごんまの皆さんも引き気味ww 

同胞が来た!とばかり、親子遠足のときに話しかけてみました。
いや~めっちゃディープな大阪弁。
初対面、私より10歳年下にもかかわらず、すぐにタメ口(爆)

「実家はどこなん?」
「鶴橋で母親キムチ屋やってんねん。」
(ディープなエリアね。焼肉美味しいよね)
「私、実家京都やで。」
「え~、うちの元彼、京都の人やったらか、四条とかよう行ってたで~。」
(いや。。。そこにあなたの旦那さんいはるけど気にしいひんのね汗)
「うち、幼稚園で全然友達いいひんわー!!」
(確かに話しかけにくいやろ。)


私も久しぶりの関西弁をしゃべれるのが嬉しくて、しばらくおもろ~な会話を楽しみました。
こんな感じの人なので、気を遣わずにツッコめるのが嬉しいです。
こちらで、ちょっとしたツッコミをすると、「いんこさん、けっこう毒舌ね。」と言われることが
あったので、普段は毒舌いんこは封印していますww
なので、彼女にも、「あんまり外でバリバリの関西弁でしゃべるときつく聞こえるみたいやからね。」
と先輩面してアドバイスしておきました。

という訳で今年一年面白いクラスになりそうです~♪




先週の母の日、美容院のあとに大きな本屋さんに行って色んな本を物色してきました。
結局買ったのはJapan Times1部のみだったのですが、
一冊とても気になる本を見つけました。

nitiei.png

またアマゾンのリンクが貼れないので画像のみ。
最近の大きな書店は、座って読むスペースがあってありがたいですよね~。
という事で、けっこうじっくり読みました。大体の内容はつかんだので、買わずに帰ってきましたが
この本に書いてあったやり方で、日英をやってみると、効率がぐんと上がりました。

というのも、本当に日英翻訳の基礎も知らない状態で日々やっているので
やり方が分からず無駄に時間がかかっていたのですが、
この本には、具体的にどのような手順でやるのかが書いてあります。

①まず日本語の文章を読み、隠れた主語(日本語では主語が省略されることが多い)
を補足しながら、主語と述語を決めていく。それらを修飾する従属節になるものは括弧で囲み
基本的な5文型にあてはめていく。

②日本語の文章が長すぎる場合は、いくつかの文章に分けてから英語にしていく。

③SVの5文型に沿い、文章を作り、付随する情報をつけていく。

など実践的なアプローチが書かれていました。


立ち読みなので、記憶もうっすらですが、この情報だけでも作業効率が上がった気がします。
とても役立ったので、この本は購入予定です。


話かわりまして、3月から続けているフルーツフルイングリッシュ。
先日、初めて添削結果の評価でレベル5を取ることが出来ました~(パチパチパチ)
レベルは1~5なのですが、レベル4がほとんどです。日本人の添削者の場合、レベル3という事もあり
まだまだだなぁと痛感します。
フルーツフルの評価は全般的に甘めだと自分でも思いますww
こんなんでレベル5もらえるんやーと思いながらも、褒めてもらうとモチベーションも上がります!
ということで、今後もコツコツ続けていきます。





冠詞の勉強


ゴールデンウィーク、終わりましたね!
休みが終わってほっしている私ww
今回は帰省もせず、近場でちょこちょこと遊んでいました。
お友達家族を呼んでうちでご飯を食べたりしたので、その前日は皆で掃除。
朝顔の種を植えたり、糸電話を作ったり、と家でゆっくり遊ぶ時間もありました。
出かけるのも楽しいけれど、たまにはゆっくりとした連休もいいですね。

連休中はやはり自分の時間が取れませんでしたが、
夜に文法書などを読む元気はありました。

ずっと気になっていた冠詞の本を2冊ほど読みました。
結局フルーツフルの冠詞のテキストは買わずに、図書館で借りてきた本で勉強。

amazonのリンクが貼れなかったのですが、

「ネィティブが教えるほんとうの英語の冠詞の使い方」 デイビッド・セイン著
この本は分かりやすかったです。
基本的なルールをまずは覚えて、その後色んな例文で感覚をつかんでいく。
という流れでしたが、ルールが多すぎず、そのルールの向こう側にあるネィティブの概念も
一緒に書かれています。ですので、なぜこうなるのか?という説明がきちんとされています。

もう一冊読んだこの本はイマイチでした。
「冠詞の使い方が100%マスターできる本」 宮野 晃著
この本は、ルールが100個書かれていましたが、まず100個も覚えられない。
しかも、この100個の例以外のものが出てきたときに応用できない。
という感じの印象でした。(あくまで私の感想ですが)

冠詞の本を読んで、ある程度のルールを頭に入れた後、
フルーツフルで添削してもらった自分の文章を見直しました。
そうすると、冠詞で間違った部分の半分以上は、知識があれば防げるミスであることが判明ww
ただの勉強不足ですね。。。 
あとは、やはり簡単な文章を読みながら、冠詞の感覚を磨いていく事が一番の近道だなーと
思いました。コメントをくださるsakuraさんが、冠詞に気を付けながら易しい文章を読むのがオススメと
言われていたので、子供向けの絵本の文章でやっています。
これで少しでも冠詞センスが磨かれていくといいな~。

さて、あいかわらず英訳と格闘する日々ですが
やはりインプットが足りないと、全然表現が出てきません。
自分の中の表現から枯れ果てていく感じ。。。
もっと沢山文章を呼んでインプットしていかないといけませんね!

ねずみ講



今日は幼稚園の役員決めでした。
去年に引き続き、役員をやることになりました。
数日前から、やらな~い???というお誘いが。。。
毎年役員をする人って決まっていますよね。
もう私もその中の一人。みたいになってきました(汗
小学校のPTAは何もしないので、幼稚園でがんばろうかな~という気になりました。
単に断れない性格なんでしょうがww

断れない性格といえば思い出すエピソード。

大学生のときに、あまり交流のない従姉妹から突然私あてに電話がありました。
「今度ケーキを作って試食する会をするんだけど来ない?」
何も考えずに私は「うん。行く行く~♪」と言ってのこのこ出かけて行ったら。。。
従姉妹はアムウェイにハマっていて、私はねずみ講のいいカモだったという結末。
マンションの一室で、沢山の「さくら」と鍋に囲まれる私。


もちろん、途中で逃げてきましたが、
帰ってから家族に爆笑されました。。。
「やっぱりお姉ちゃんやな~!!!」 何が「やっぱり」やねん。
というか、弟も妹もいたのに、私にだけ声をかけた従姉妹って。
そんなキャラなのですね、はい。


フルーツフルの添削を初めて一カ月半。チケットも20枚消化しました。
けっこうな速さでなくなっていきます。あと20枚買うか。通信コースに申し込むか。
まだ迷っています。
添削を通して、私の決定的な弱点が分かりました。


それは「冠詞」。

a,an,the、 無冠詞、毎回どれを使おうかかなり迷って間違えます(泣)
先生からも Your biggest issue is with inclusion of articles. と書かれています。
これは集中的に学ばないといけないなーと痛感。

そんなときに送られてきたのが、フルーツフルからのお知らせ。
「冠詞ナビブック」 冠詞の使い方についてネィティブとバイリンガル両方の先生が書いた冊子。
タイミングも良いし、今なら安くなっているようなので(向こうの思うままですが)
買ってみようと思っています。

話は変わりますが、今週末ガイドのお仕事が入りました。
今週いっぱいまた準備の日々が始まります。
今回は焼酎蔵の見学もあるので(といっても滞在時間20分。みじかっ)
明日下見に行ってきます。滞在時間が短いので、説明すべきポイントをつかんでおきたいです。

それでは一週間がんばりましょう~♪


















«»