All the light we cannot see 読了。



長くかかりましたが、この本読了です!
All the Light We Cannot See
All the Light We Cannot SeeAnthony Doerr

Scribner 2014-05-06
売り上げランキング : 66138


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


第二次世界大戦中のお話。フランス人の少女、ドイツ人の少年の物語が行ったり来たり、
また時間軸が変わったりと、少し話を理解するのに時間がかかりました。
そして、所々にフランス語やドイツ語の言葉が入り、それで余計に難しく感じました。
最終的に話がすべてつながっていき、主人公の少女と少年が一緒にいる時間はとても短いけれど
そのずっと前から2人はつながっていたんだ。。。しみじみ。。。という感じで終わりました(どんな感じだ。)

娯楽小説ではなく、文芸小説という感じのしっかりとした文章で、語彙も難しいです。
情景描写がとても細かく、戦争の悲惨さを少年少女の目線から静かに語られています。
派手な戦闘シーンが描かれているところがないからこそ、普通の生活がどんどん壊れていく様子に
心が痛みました。そんな中でも、親子、友人、近所の人々との人間のつながりを感じられる場面が
沢山あります。

フランスのサン・マロという街が舞台なのですが、
rampartという単語がよく出てきて、どんな街なのか検索してみると、
12世紀に建てられた城塞の街でした。小さな島になっていて、まわりにぐるりと城壁があります。
これがrampartなんですね。
サン・マロ湾にはモンサンミッシェルもあり、観光リゾートとして有名な場所だそうです。
こういう写真を見ると、頭の中で物語を想像しやすいですよね。
いつか行ってみたいなぁと思いながら読みました。
サンマロ

さてさて、次の一冊は「龍の入れ墨の女」の第一巻を読んでいます。
今なら第一巻無料!!というtwitter情報からダウンロードしました。(ぴあのさん、ありがとうございます!)
All the light ...が難しかっただけに、けっこうさくさく読めて面白い。
先が気になる展開で、これぞ娯楽小説!ですね。
一巻が面白かったらまた続編を読もうと思います。

話は変わりますが、最近私も作り置きおかずに興味しんしん。
これまたtwitter情報で知ったのですが、このkindle本が良かったです。
かんたん! ラクチン! 作りおきの野菜おかず 205
かんたん! ラクチン!  作りおきの野菜おかず 205食のスタジオ

西東社 2014-11-05
売り上げランキング : 4467


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これ、kindle版だと、200円ちょっとで買えます。
kindle版のレシピ本は初めて買ったのですが、これが便利!
iphoneのkindleアプリで開いて見ながら料理できます。
本だと置き場所に困っていたのですが、iPhoneだと邪魔になりません。
kindle paperwhiteで読んでも白黒なので全然食欲わきませんが(笑)

週末に一回、週の半ばに一回副菜を何種類か作っておくと
メインのおかずを作るだけで良いのでとても助かります。
野菜のおかずのレパートリーが増えたので野菜室が空っぽになるまで
残り物で生き延びることができます!!

ということで、明日からゴールデンウィーク!
明日は地元の港の魚つかみどりに行ってきます。
子ども限定なのですが、去年は娘が大きな鯛をゲットしました☆
今年も大きい獲物を狙ってきます。

みなさま良い週末を~♪

Category: 洋書

Hopeless 読了。

こちらの本、読了しました。

Hopeless (English Edition)
Hopeless (English Edition)Colleen Hoover

Colleen Hoover 2012-12-18
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


17歳の高校生、SkyとHolderの恋愛を描いた物語なのですが、
ただの恋愛ストーリーではない!!後半60%くらいから明かされていく
2人の過去、つながり、悲劇など、ものすごいスピードで話が展開していきます。
辛い過去を封印して生きてきたSkyの気持ちの揺れや、Holderとの心の結びつきなど
心の描写が丁寧に書かれています。
いや~、これまた良い本に出会いました。

次の本はこちら。
All the Light We Cannot See: A Novel
All the Light We Cannot See: A NovelAnthony Doerr

Scribner 2015-04-21
売り上げランキング : 625


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さて、突然ですが、最近は断捨離にハマっています。

今更なんですが、こんまりさんの片付け本をkindleでダウンロードし読みました。
テレビでは見たことがあったのですが、本で本来の片付けの意味を理解し
さっそく衣類の整理をしてみました。
こんまりさんの片付けメソッドでは、モノ自体にときめきを感じるかどうか。
が捨てるかの判断になりますが、これが私には合っていました。
これまで何回か片付ける際にちょくちょくものを捨ててきましたが
結局、「まだ使うかも。」と残しておくものが多く、あまり状況は変わらず。
もったいないから「部屋着として着よう。」と置いておいても結局着ることはないんですね。
中途半端に残しておくと、そのスペースがもったいない。
この要領で「残しておくもの=好きなもの」を選んでいくと、毎日着たいと思うものだけが残ります。
そうすると、自分の好きなものだけに囲まれて暮らしていくことが出来る。
というのがこんまりさんの片付け法です。


ときめくかどうかで取捨選択していくと、家族全員の衣類でゴム袋8つ分を捨てることになりました。
夫も子供たちも、いるかいらないかの決断は早かったです。
これだけ衣類が減ると、収納していたクリアケースが空になったり、
たんすの引き出しもいくつか余裕が出てきました。
服を畳んで入れるときのストレスがなくなりました。(今までは無理やりぎゅうぎゅうに詰め込んでいた。)

この調子で家の中のものを全部見直す予定です。
片付けは勢い!祭り!!短期的にやるのが良いそうなので
今週一週間は片付け祭りを開催します。
どれだけのごみが出るか楽しみですww

Category: 洋書

Back to normal !!

前回の記事に、たくさんのコメント、アドバイスありがとうございました。
未熟な私のつぶやきに色んな方から温かい言葉をいただいて
自分なりに消化し、また前向きに考えることができました。
自分の気持ちを吐き出して聞いてもらえるところがあるって本当に救われます。

あれからすぐに娘が流行りのインフルエンザに罹り、先週一週間は軟禁状態でした(汗)
息子の発表会が控えていたので、息子だけにはうつしたくない~!と
夫と息子を別の部屋に寝てもらい、色々気を遣っていたのですが、
なぜか一番接触の少ない夫にうつって発熱。夫の場合は監禁状態でした。
食事も運んで、トイレ以外は出てこないでください。と閉じ込めたw

息子は今のところ罹ることなく、昨日無事に発表会を終えることができました。
ほっと一安心ということで、やっと日常に戻った感じです。

英語はというと、洋書を読むことと、皆が寝た後にドラマを観ることで現実逃避していました☆
先週読み終わったのがこの本。Husband's Secret の著者の本です。

The Last Anniversary
The Last AnniversaryLiane Moriarty

Harper Perennial 2010-04-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は、twitter情報で安くなっていた時にダウンロードしたものですが、
とても面白かったです。シドニー近郊の小さな島に住む家族の物語です。
この島のある家で起こった未解決ミステリーを呼び物にして観光業を営んでいる家族。
4世代に渡るそれぞれの人物描写に共感できるところが多くて
読んでいて飽きさせないストーリーです。
特に自分と同世代で、息子を産んだばかりのGraceという登場人物がいるのですが、
その女性の気持ちが、自分が初めて娘を産んだ後の状態にとても似ていたので
あー、分かる、分かる。英語ではこういう言い方をするのね~。なるほどね~。
とやたらうなずきながら読んでいました。

出産直後に、産まれてきてありがとう!ものすごい感動の嵐!などの感情を抱く。と
たまごクラブなどに書かれていた情報もあって、私も出産したらその感情を味わえるなんだな。と
なんとなく思っていました。実際の私の出産直後の状態は、しんどすぎ。とりあえず寝たい。泣き声がうるさい。
だったんですよね。でも、そんな事感じる人はなかなかいないんじゃないか。
そして、そんな事思ったら母親失格じゃないか。などと思っていた時期があり、
産後はかなり不安定な精神状態でした。 まさにPostnatal Depressionですね。
この子は、私がいないと死んでしまう。どうしよう、大変なものを産んでしまった!と
すごい強迫観念にかられていました。

この本の中で書かれていた文章に、その時の私の気持ちにぴったりの言葉がありました。

"the enormous responsibility of keeping his tiny heart beating, his tiny lungs breathing"

こういう自分の気持ちにぴったり沿う英文を見つけた時の喜び!(マニアックな地味な喜びですが)
それが洋書を読んでいる醍醐味の一つです。

"Some people aren't motherly. I find babies quite terrifying. I wasn't ready to be a mother."

これもメモをした箇所です。 赤ちゃんが得体の知れない生き物に思えた時期があったので
(というのも、娘はずっと泣きっぱなしで、何をしても泣くので、娘と二人きりになるのが怖かったです。)
こういう悩みは万国共通なのね。と、変なところで感心してしまいました。

Motherly ・・・a motherly woman is loving and kind, like a good mother
(longman 英英辞書より)

この表現、とても面白いなぁと思いました。生まれつきmotherlyな性格の人間とそうじゃない人間が
いると思います。私はそうじゃない人間だったので、母親らしい感情を持つまで時間がかかりました。
そういう情報も、たまごクラブ、ひよこクラブに書いていてほしいと思いましたね。
Graceも母親らしい感情が産まれる瞬間があります。

"And that's when it happens, and she can hardly believe it, because, oh my God,
it is just like all those stupid mushy new mothers said it would be, a shot of joy straight to the heart,
just like the adrenaline that saved her life-a burst of pure, mind-clearing euphoria, powerful, primal, lustful,
blissful love for her son."

表現豊かな文章だなぁと思います。自分の気持ちにフィットした文章を沢山ストックしていきたいです。


それとは別に今ハマっているドラマが
Netflix の 「セルフリッジ 英国百貨店」です。
ダウントンアビーと同じ時代設定です。
ロンドンの老舗デパート、セルフリッジの創業者の人生を描いている実話を基にしたドラマです。
セルフリッジはアメリカ人だったんですね~。
波乱万丈の人生で、セルフリッジを取り巻く家族、従業員、貴族との交友関係など
当時の時代のファッションや歴史的背景も知る事ができてとても面白いです!
ぜひぜひオススメ。すでにシーズン2まで観終ってしまったので、次のシーズンが楽しみです。

Category: 洋書

Where'd you go, Bernadette 読了。

0155cef7a7b0447b696d8c2633fd49ef3769965eeb.jpg

いや~寒いです。今シーズン一番の寒さですね。
桜島の上の方にも雪が積もっています。
今年は暖冬で終わるかな~と思っていましたが、そうはいかなかったですね。

英語の方ですが、相変わらずリーディング、ライティングに偏っています。
やっぱり黙ってるのが好きなんでしょうね(笑)
元々おしゃべりな方ではないので、人の話を聞くほうが楽です。
だからこそ、しゃべらなければいけない状況に追い込むようにしてるんですが。
うぅ、リプロダクションの取り組み、挫折の予感です。。。
あんなに最初張り切ってたのに、このざま。遠慮なく笑ってくださいませ~!!
言い訳無用です~!!

では読了した本の紹介。(切り替え、はやっ)

The Elements of Style, Fourth Edition
The Elements of Style, Fourth EditionWilliam Strunk Jr. E. B. White

Longman 1999-07-23
売り上げランキング : 43


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これは、ぴっぴさんがご自身のブログで紹介してくださったライティング本。
ライティングに関する大事なルールがコンパクトにまとまっていて、とても分かりやすかったです。
私自身、去年1年間ライティングに関する本を読みまくったので、内容を理解しやすかったと思います。
同じ内容を日本語、英語どちらでも読むのは、記憶に残り易くていいですね。

昨日読み終わったのがこの本。

Where'd You Go, Bernadette (English Edition)
Where'd You Go, Bernadette (English Edition)Maria Semple

Weidenfeld & Nicolson 2012-06-07
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は表紙をよく見かけていて、面白そうだなぁと読んでみました。
舞台はSeattle に住む家族。母親Bernadette は人付き合いが苦手で、人と関わるのを避けるため
インターネットで日々の雑用をこなしてくれるMajulaを雇う。娘のBeeの視点で語られる物語ですが
それ以外の部分は、全部登場人物同士のメールやFAX、手紙のやりとりでストーリーが進んでいきます。
登場人物一人ひとりがかなり個性的で面白い。当然主人公のBernadetteが一番突飛なんですが。
付き合いを一切拒むBernadetteですが、ここまで引きこもり?だと、まわりから確かに変人がられます。
でも余計な人間付き合いをせずに済むので、ある意味うらやましい、強い女性だと思いました。

実際途中までは、Bernadetteが人嫌いのでせいで起こる事件が延々と書かれていたので
あ~、いつになったら面白くなるのか。と思っていましたが、後半から惹きこまれました。
後半の舞台は南極になるのですが(この設定もびっくりぽんです)
色んな想像をしながら読み進めました。南極に関しての予備知識がないので、
私の頭の中の想像はかなりトンチンカンな絵になっていましたが。。
日本人の名前や、日本文化がちょいちょい入れられているのも面白かったですよ。

次読もうと思ってダウンロードした本があるのですが、
前に買っておいた本を読みだしたら止まらなくなったので、そちらを読んでいます。
Husband's Secret の著者の本です。
また読み終わったら紹介します。

年明けから、少しずつですがライティングをしています。
読めば読むほど書くのが楽しくなってきますね~。
少しずつ自分のマイナーな間違いに気づくようになってきました。
これって嬉しい進歩ですよね。(自己満足)
ということで、また記事が書けたらリンク貼ります。

Category: 洋書

Leaving time 読了。そしてリプロマラソン初日。

こちら、読み終わりました。

Leaving Time: A Novel
Leaving Time: A NovelJodi Picoult

Ballantine Books 2015-04-28
売り上げランキング : 20687


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いや~、これは最後まで読者を飽きさせない展開で、
また終盤には、え?!という驚きの展開があり、最後は涙を誘う。
今年を締めくくるにふさわしいページターナーでした。
自分が幼いときに母親が行方不明になった少女Jenaが主人公。
彼女は母親がなぜ自分を置いて出て行ってしまったのか、どこにいるのか、
という疑問を常に持ちながら生きている。
彼女は自分で母親を探そうと、霊能者Serenityと元刑事のVirgilの手を借りて
母親が失踪した日、何が起こったのか調べていくのですが。。。

その主人公の母親が、象の研究者なので象の生態に関する説明がけっこう出てきます。
特に母親象と小象の関係、最愛の家族が亡くなったとき、象はどのような行動をとるのか?
など人間と比較しながら描かれています。
作者もあとがきで書いていますが、今アフリカやアジアの象が危機に瀕している現状を
なんとかしたいという思いもこの小説に込められているようです。

やはり最後のどんでん返しの展開も面白いし、母と娘の絆や、最愛の人を失ったとき
人はどう悲しみを乗り越えるのか。がテーマとなっているので
読み応えのある作品でした。
これもangelさんの読書日記を読んで選んだ本ですが、やはりハズレなし。
好きなテイストが一緒と(勝手に)思っているので、いつも本選びでは参考にさせてもらっています!

さてさて、話は変わりますが、今日からリプロダクションマラソンスタートですね♪
初日なので張り切ってやりました。やっぱり強制力があると頑張れます。
今日も幼稚園行事があり、12時ごろ帰ってきたのですが、
いつもならお昼ご飯を食べたあと、ダラダラ洋書読みをして、あっ!もうお迎えの2時。。。ちーん。
で終わるのですが、今日はリプロマラソンのおかげで、口を動かし脳を動かし、大変有意義な時間を
過ごせました。

私の場合、すでに何度か目を通し、内容は頭に入っているテキストでやっています。
ですので、すぐに口から出てくるかなーなんて思っていたのですが、
とんでもない。シャドーイング・リプロダクションまでは順調でしたが、
日本語→英語のサイトラになると、う!!とつまってしまい、細かい前置詞や三人称単数なども
間違えてしまいます。これをスラスラと言えるようになるにはやはり反復練習なんですね。
今日は40分くらいかけて2分弱の会話文を暗記しました。
とりあえず口を動かししゃべりっぱなしなので、とっても良い訓練になります。
内容も欲張りすぎず、一つずつ消化していきたいと思います。

今日の範囲
トピック2 Tavern part 2 What exactly are sake, shochu and nihonsyu?
半分まで。

先日、本屋さんを徘徊していたときに、気になる本を見つけました。

シンプルな英語で話す日本史(英和対訳 CD-ROM付き)
シンプルな英語で話す日本史(英和対訳 CD-ROM付き)ジェームス・M・バーダマン 小川 貴宏

ジャパンタイムズ 2015-03-05
売り上げランキング : 91088


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私は歴史を説明するのに苦手意識があり、どうしても説明が長くなるんですよね。
鹿児島でも西南戦争や明治維新が重要なので、自分なりにスクリプトを作っているんですが
単語のチョイスから迷いますし、バックグラウンドがない人にそこまで詳しく説明する必要はないんですよね。
シンプルで分かりやすい説明というのが求められるのですが、
この本の西南戦争のページを見ると、本当に分かりやすく書かれていました。
難しすぎない語彙で、しかも端的に書かれています。要らない情報は省いてあるので
聞いていても分かりやすいだろうなと思いました。
学校で習うほとんどの時代をカバーしているので、他の観光地の歴史でも使える単語や表現もあるので
買って損はないかな~。
財布のひもが固いので、本を一冊買うのにかなり迷う私(笑)
もう一度本屋に行って決めます!

マラソンはまだ始まったばかり。
一緒にがんばりましょう~♪
Category: 洋書
«»